タイトル画像

今回の洗剤

2017.09.16(11:59) 2714

今回もジェルボールの洗剤を使用してるのですが
前の時と違うのが袋にチャイルドガードのジップがついている事
そりぁそうだ 大人の私が触っていても食ってしまいそうだもん
いや、酔っぱらてたら食ってたかもしれん。
何の臭いかはわからないが香りもいいし
手触りもいいし
子供なら思わずってこともありうるでしょうね
    今回の洗剤
触っている指にもいい香りがうつるんですが
残念なのはこれが洗濯後の衣服にはまったく威力を発揮しない事
ケチってひとつひとつ入れているかだと思い
前回、一気に2個入れをやってみると
レノアのCMのようにはいかない
となると次は3個ぶち込んでみる。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

連続殺人鬼 カエル男

2017.09.15(11:59) 2715

叙述系でした。何の前知識もなくネットで見つけ出して借りていたので
いい意味、やられた感がありました。
完全に作者にミスリードされていましたね
楽しくだまされました
写真の後はネタばれありになります。
         連続殺人鬼 カエル男
最初に自閉症の当真が捕まったときに指の傷に触れられていないことは気になったんですよ
そして、有働さゆりが向かってきたときは何で!ってあまりにもムリくりすぎて
ストーリーを作る上でちょっと強引過ぎると感じたんです
で、その理由が金とは、ここでちょっと話から心が離れかけたんですが
ナツオとの関係が明らかになるときれいにやられた感を感じましたね
ラストは落語のオチのようにきれいにまとまりすぎた感が。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

夏の思い出

2017.09.14(11:59) 2713

見えるでしょうか ビーチサンダルを購入してこの夏を過ごしたのですが
ぴっちり跡がついています。
日大三高戦の初戦、立川球場でジリジリと焼かれてから
ボイジーに来て 真夏の日中にブロンコスの試合を見ているときに
決定的に焼かれた証です
夏の思い出
加齢のためか耐性ができていないなぁと感じるのは
足の甲に火があたると 焼けている感覚があって
とても耐えることが出来ないです 
焼かれている間に痛いという感覚があります
さらに夏前に購入したビーサンがついに悲鳴を上げました
安かったのでワンシーズン限りかなとは思っていましたが
本当に終わりました 避け始めているのがわかるでしょうか
来年はこの経験を糧にもっと丈夫なものを購入します。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

確かに雨降っていないです

2017.09.13(11:59) 2712

隣町のツインフォールというところにショーション滝というのがあるそうで
調べてみると季節によっては水量が足りないとありましたが
とりあえず行ってみました
   ショショ滝
その水量がないときが今の時期だったようです。
確かに考えてみるとあたしが渡米して二週間、雨降ってないなぁ
日本にいるときも天気予報でところにより雷雨って朝、聞いた後に
夕方に雷雨にあうと「ここがところによるところ!」と思う事がありますが
そんな気分です 今が水量が少ない時期のようです。
まぁ、それでも壮観な景色ですわ
   ショショ滝
ツインフォールではショーション滝よりも見どころは
街に入る前には浸食されたスネーク川が街をふさぐように横にはしっているんですが
街に入るために大きな橋が立てかけられているんです
展望台があるのですがこの光景を目にした瞬間に僕のチン〇ンはパンツの中に
消滅したように縮みあがっています。
水面に木の葉のように浮かんでいるのはカヌーです そこからこの橋の高さ
大きさを実感してください。
   ショショ滝
それよりも驚きなのがこの高さで人生に絶望した人は確実にその苦悩を
解消できる方法がある場所なのに一切の安全施行がない事
なので写真のように人生に終止符は打つつもりはない方でしょうが
背中にパラシュートを背負って
   ショショ滝
飛び降りる輩が出てくるのは必然でしょうか
結構な頻度で飛んでくれるので見ていて飽きません
ショーション滝に行くときには通り道になるので是非ともお立ち寄りください
その高さを実感するだけでも面白いです。
   ショショ滝
これらの上流に位置する町の名前にもなっているツインフォールが
あるのですがこちらは十分水がながれているんでやんの

バックスクリーン三連発


タイトル画像

凱旋門賞に暗雲

2017.09.12(11:59) 2711

まさか6頭立てで負けるとは思っていませんでした
サトノダイアモンドの凱旋門賞前哨戦フォア賞の結果がでました。
4着です。
この結果を受けて帰国するとなるのかドキドキしていましたが
サンスポによるとどうやらそのまま予定通り出走はするようなことを
行っていますのでひとまずほっとしています。
とにかく出てくれんことにはただのパリ旅行になるところでした。
それでも二、三日は今後どうなるかドキドキしながらWeb新聞をめくらないといけない。
       フォア賞4着
(写真はサンスポから抜粋)
さらにさらに両国で始まっています9月場所で私の応援する稀勢の里はじめ
三横綱が欠場、さらにさらに月曜の取り組みで高安と私と同郷の宇良が
負傷欠場、同じく同郷のカド番大関・豪栄道が連敗出発
同じく足の負傷する大関・照富士も連敗発進と全く見どころがない場所となりそう。
なのに私の手元には14日目のチケットがある
下手するとひとり横綱の日馬富士がはしれば金曜で優勝を決めてしまう可能性も
あぁ、なんて日だ。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

ボイジーの眺め2

2017.09.11(11:59) 2710

テーブルロックというところがボイジーにはあります
そこの展望からのボイジーの眺めはマイナーな見どころになるようです
テーブルロック
旧刑務所からトレイル道で歩いてくるのがひとつの方法のようですが
そこは私、歩くのが大嫌いなので車で行ける方法をさがします
すると裏側にTable Rock RDという道を発見し、
山のふもとからは約500mくらいの砂利道を登ればここに到着できます
テーブルロック
この舗装されていない砂利道を揺られて 車に酔いながら
駐車場に車を止めて 遊歩道を少し歩くと でっかい街を見下ろす
十字架が迎えてくれるのですが
この光景を見たときに あまりの高さに足がすくみました。
幸いなことにここはいつもの断崖の崖の上ではなかくトレイル道の先の
高台だったため、こわい思いをしなくて済みました。
テーブルロック
ボイジーの一番高いところにあるので 
何かしらのアンテナが建っているのがまず目に入ります
ここを爆破すると何かしらの 携帯がつながらないなどの事が起こりそうなんですが
その管理方法は簡単なフェンスが一枚で驚くほど脇が甘い管理方法です。
テーブルロック
パノラマで撮るボイジー市内


バックスクリーン三連発


タイトル画像

アメリカで思うこと

2017.09.10(11:59) 2709

アメリカにいてもちょくちょく ウロチョロしているので
郊外に出る機会もあるのですがいつも車で走っている風景を見て
「おじいちゃんは何を思ってこの広大な土地を有するアメリカに喧嘩を売ったんだろう」
と思うんですが
本気で勝てると思ったんだろうか
広大な大地
まぁ、おんなじことは北の将軍様にもいえますね
本気で勝てると思っているんだろうか

バックスクリーン三連発


  1. 今回の洗剤(09/16)
  2. 連続殺人鬼 カエル男(09/15)
  3. 夏の思い出(09/14)
  4. 確かに雨降っていないです(09/13)
  5. 凱旋門賞に暗雲(09/12)
  6. ボイジーの眺め2(09/11)
  7. アメリカで思うこと(09/10)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ