FC2ブログ

タイトル画像

ホンダS660 試乗してきた

2015.04.18(17:49) 1819

4月に新発売されたホンダの軽スポーツカーS660に試乗してきた。
660ccの軽自動車なのにミッドシップのリア駆動という
なかなかのマニアックな車となっているので気になっていた
親切な営業さんに聞くと4月発売で今、注文しても納車は
年内いけるかどうかだそうです。売れているみたいですね
購買層も世代バラバラだそうです。
 ホンダS660 試乗してきた
エンジンは当然シートの後ろ側にあります。
僕はまともに軽のエンジンを見るのは初めてなので
最初見たときはなんちゅう小さいエンジンやと思いました。
3気筒エンジンということですが特別この車の為に興したのか
聞いたところN系(Nボックスワゴンとか)に使われているエンジン
だそうです。64馬力で10.6のトルクは私が乗った車では最弱です。
が、試乗してみてむちゃくちゃ面白い車です。
 ホンダS660 試乗してきた
車重が軽い(860㌔ほど)ので全くストレスを感じません。
エンジンがシートの後ろにあるのでエンジンの吹け上がりの
音がモロに聞こえるのも運転する側のやる気を出させてくれます。
乗ってから気づいたのですがこの車、ターボがついているのですが
その吸気のシュコっていう音も「おぉー、運転してるぅ」ってやる気に
させてくれます。今回のコースで坂道の多いコースでしたが
全くストレスありません。ハンドルもちょっと重いのが
安定感につながり脚もしっかりしています。
高速走行をしていないので直進安定性はちょっとわかりませんが
しっかりした足取りからは大丈夫でしょう。
 ホンダS660 試乗してきた
内装は狭いので必要最低限のものしかありません。
でもこれはこれでいいのではないかと思っています
その小さいコンパクトさからカタログにはゴーカートを乗るような
楽しさとありますがまさにその通りだと思います
お値段は乗り出しで250万円の見積もりをもらいました
これが高いか安いか絶妙な値段だと思います。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

人生初の体験

2014.11.22(16:58) 1674

僕のアパートから駅に向かう途中にレクサスがあります。
天気のいい日に今日はどうしようかと駅に向かってる途中で
レクサスの店舗に新発売されたFR車のRCが止まっているのを目にしたので
冷やかしで入ってみたのです。
ボンネットを開けてエンジンを見てエキパイの数を数えてみると8本ある。
トヨタでV8エンジンは持ってなかったはずなので
どんなもんなんだろうと急に興味がわき、試乗できないかと聞いたところ
できますとの事で試乗してみた。
 大台突破
まず、エンジンは先述の通りV8の5ℓ、営業マンにそんなエンジン、トヨタに
ないやろというとLS600hに積んでいるエンジンだとか
そんな5ℓエンジンからは477馬力、54㌔のトルクが吐き出されます。
乗り味は最初ノーマルモードにて乗車したのですがたいしたことがない
どっしりとした上品な乗り味といったらいいのでしょうか、ラグジュアリーカー
ですね、私としたら物足りないもっと54㌔のトルクを活かして後ろからガツンと
突き上げるようなパワー感を感じたいのですがそれを体感することはなかったが
モードをスポーツモードに切り替えるとフインキが一変、
ライトウエイトスポーツ的な私の求める乗り味になりました。
ブレーキもブレンボの6ポッド、リアは4ポッドを使用しているそうですが
これが暴力的に効きます。信号で止まるごとに首がガックンガックン
揺れるくらい止まります。
 大台突破
気になるお値段ですが上の写真の通り1000万円超え。
見積もりとはいえこの大台超えは人生初だ。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

納車されました

2014.05.30(17:58) 1506

かねてより同僚の新車購入に付き従っていた私ですが
このたび納車されました。
フォード・エクスプローラー。でかいとは思っていましたが
展示場でみていたのでここまでの大きさは感じなかったですが
   納車車
駐車場にとまっているととてつもなくでかく感じる
日本の駐車場の白線には枠内にギリギリのサイズです
   納車車
燃費が悪いので通勤ではあまり使ってないそうで
歩いて会社まで来ているそうです
何の為に買ったんだか
せっかく買った430万円の車が駐車場のオブジェになっています。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

ご成約

2014.04.27(21:44) 1476

先週に引き続き、後輩の車選びに付き合いました
今日は再びスバルで前回のることができなかった
私がいち推しのフォレスターXTの試乗です。
   スバル フォレスターXT Eye sight
スバルの水平対向エンジンにトヨタの直噴技術を付け加えた
DIT(Direct Injection Turbo)直噴ターボエンジン、
レガシーに搭載されていたエンジンをフォレスターに搭載したバージョンです
このエンジンは楽しいとおおむね好評でほぼこれに決まりと
なりかけて前の週に見積もりを取っていたクーガを断りに行こうと
その足でフォードに向かったのですが
   スバル フォレスターXT Eye sight
何をどのようになったのかその間の過程は私は席を外していたので
わかりませんがなんと後輩はエクスプローラーをご成約してしまうという
はなれ業を演じてしまう
契約内容を確認すると乗り出し価格430万円で7年84回フルローンを組むという内容
ボーナス月12万円 3万7千円/月という契約内容。
何がどうなったのかおじさんビックリよ


バックスクリーン三連発


タイトル画像

試乗体験

2014.04.20(21:45) 1469

会社の後輩に誘われるままに新車の試乗に行ってきました
話を聞くと今、載っているFitが11万キロを超えて乗り換え時期に
来ているそうです
使い道は日常の足に加え、スノーボード、キャンプに行くので
積載性の良いSUVがターゲットだそうです。
  14試乗体験
私も久しぶりの試乗だったのでどこを見るのか探りをいれつつおつきあい
まず、一発目はスバル。
ハイブリッドコンパクトSUVというカテゴライズのXVという車。
スバルといえばレガシーとインプレッサのイメージがありますが
まずは一台目。乗り味はもう忘れました
後部の荷物入れが小さくそして高いのでNGだったか
  14試乗体験
お次は同じくスバルのフォレスター。
私が後輩の要望を聞いて勧めたのがこのフォレスター。
直噴ターボのDIT搭載車を勧めましたが試乗車が無く普通のアイサイト。
悪くはないがブレーキがちょっとマイルドかな
  14試乗体験
次はホンダに移ってヴェゼル。これもコンパクトハイブリッドSUVといわれる
車です。カタログではステーションワゴンの車高が高いだけに移りますが
実物はガッツリSUVです。印象が全然違います。
この車は中々よくできています。
まずは社内の広さ。これはいい車です。
ですが実際に運転してみるとエンジンがちょっと弱く
高速での走行が長い後輩の仕様にはフィットしないと私は思い
エンジンが弱いので、爪先立ちで走っている不安感があると
つたえてこの車は進めないことに。
  14試乗体験
さらにまだまだこれでは終わりません。次にフォードに移動し
一発目はクーガ、1.6Lのターボエンジン車です
排気量が少ない割によく走りますが社内スペースがちょっと
せまい気がしますが見積もりを取るとなんと500万円の見積もりが...。
1.6Lエンジンが500万円の価値を見いだせずNG。
  14試乗体験
次はこれが本命だそうですがエクスプローラー。
V6 3.5LエンジンだそうでV8はないのかと聞いたところ
本国でも今、V8は無いそうだ。そんなものはアメ車じゃないといったのだが
アメリカもエコなんだそうです。
エンジンのデカさはパワーの源、この車がのどこかが悪いところが
あるはずもなく問題があるとすれば20歳台の後輩が530万円の価格に
耐えうることができるかどうかで、加えてここ最近の原油高で
レギュラー160円/Lまで膨れ上がった燃料費に加え
燃費7km/Lに田舎なので2000km/月という事からはじき出した
燃料費が4万円/月。高いか安いか、高い。
  14試乗体験
結局この日は出されたお菓子はすべて食いつくし
出されたコーヒーはすべて飲み干し、
コーヒー2杯、コーラ2杯、オレンジジュース2杯の計6杯。
腹もちゃぽちゃぽです

バックスクリーン三連発


  1. ホンダS660 試乗してきた(04/18)
  2. 人生初の体験(11/22)
  3. 納車されました(05/30)
  4. ご成約(04/27)
  5. 試乗体験(04/20)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ