FC2ブログ

タイトル画像

黄金を抱いて飛べ

2012.11.03(17:19) 967

本屋で文庫本の帯で映画化のnewsを知り、公開を待っていた
「黄金を抱いて飛べ」が今日公開されました。当然見に行った
キャストを知った時点で色々不安がよぎりましたが
モモ役東方神起のなんとか君、当初こいつで大丈夫かと
思っていたが特に違和感もなく悪くはなかった
ただ、残念なのがアパートからピンクのかつらをかぶって女装した
モモが出てきて「今日からモモコだ」というシーンを期待していたのだが
ちょっと、よわかった。たいしたインパクトもなかった。
モモはファンも多いので他の人はどんな感じなのだろうか
       映画 黄金を抱いて飛べ
北川役の浅野忠信はさすがです。もっと、中年太りを期待したのだが
筋肉質な姿で登場、そこはそこでそれもありかと。
妻夫木君、ただただ残念です。彼が悪いというよりもおそらくミスキャストだ
合田、誰やる?おそらく佐藤浩一郎。
もっとも「???」がついたのがじいちゃんが死んだとき
合田が号泣したところ。合田は号泣するほど何かに執着する人間ではない!
よって涙なんか見せる男ではない。
金塊の収められている金庫、ショボっ!
工務店の社長の後ろにあるようなでっかい金庫。
もっとなんかでっかい丸い、厚さも1m位ある大きな丸いハンドルが
ついているのを想像していたのに!
映画化されでどうだったか?びみょーですね
イメージを大きく崩された訳でもなく かといって映画史上に残る
10年後も見続ける作品かといえばどうとも言えず。

バックスクリーン三連発


<<一夜明けてデイリー | ホームへ | 太陽が眩しかったから>>
コメント
小説は10年くらい前に読んだのですよ。
今手元にないんですよね(^^;)>売ってしまった
もう1度読み返したいです>また買うつもり。

高村さんの小説で別の小説にも合田さん登場してましたが、
同じ人だったかな。
忘れてきてます(涙)
【2012/11/05 09:07】 | igaiga #- | [edit]
コメントありがとうございます
他の合田は警視庁の刑事ですね
名前は一緒ですが別物です。
そろそろ高村薫には仕事して欲しいです。

> 小説は10年くらい前に読んだのですよ。
> 今手元にないんですよね(^^;)>売ってしまった
> もう1度読み返したいです>また買うつもり。
>
> 高村さんの小説で別の小説にも合田さん登場してましたが、
> 同じ人だったかな。
> 忘れてきてます(涙)
【2012/11/06 09:16】 | バックスクリーン三連発 #- | [edit]
昨日、見てきました(´∀`)
モモって確か・・・同性愛者か何かだったような・・・
あのワンシーンで終わりかいっ!
と、思いました(´・ω・`)
あれだけで終わるんだったら別に女装せんでも・・・と思ったんですけどね。
長髪カツラの方が静電気怖そうだし・・・

原作を読んだのが結構前なので舞台設定もそんな感じで来るかなと思っていたのですが、スマホを持っている人もいたりしてなんか微妙にちぐはぐだったな~。

爆破シーンは結構迫力ありましたが(← 火薬モノ好きなのです)
【2012/11/26 09:36】 | igaiga #- | [edit]
コメントありがとうございます
私の評価はびみょー、ですね
監督が井筒監督ではなく深作欣二なら違った感じになってたはずとは
思います。なくなっているのでどうしようも無いですが
見ていて某国の諜報員がモモのアパートを襲撃するシーンなんかは劣悪です。
なぜ、あんなおちゃらけた雰囲気にしたのか。
スペシャリストが拳銃をお手玉して わちゃちゃ、わちゃちゃってなる
わけないのに。
モモコの登場も、そうですね、物足りない。
友人と話していたのですが この映画に注目しているのは私くらいで
観客動員はそんなに振るってないようです 邦画をよくみるOld層は吉永小百合に走り
若年層はエヴァンゲリオンにまわりそうです

> 昨日、見てきました(´∀`)
> モモって確か・・・同性愛者か何かだったような・・・
> あのワンシーンで終わりかいっ!
> と、思いました(´・ω・`)
> あれだけで終わるんだったら別に女装せんでも・・・と思ったんですけどね。
> 長髪カツラの方が静電気怖そうだし・・・
>
> 原作を読んだのが結構前なので舞台設定もそんな感じで来るかなと思っていたのですが、スマホを持っている人もいたりしてなんか微妙にちぐはぐだったな~。
>
> 爆破シーンは結構迫力ありましたが(← 火薬モノ好きなのです)
【2012/11/26 11:32】 | バックスクリーン三連発 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/967-dca7c2ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)