FC2ブログ

タイトル画像

梟首の島 上

2012.08.24(10:57) 896

なぜこれを借りたのでしょうか 確か、何かの文庫本ランキングで
上のほうにあったので図書館で借りてみたのでした
タイトルから私はサスペンスだと思っていたのですが サスペンスはサスペンスですが
のどかな雰囲気ですね
始まりは明治の時代にロンドンで土佐藩の留学生が切腹自殺が発生した
なぜ彼は切腹をしなければならなかったのか?
最初、読み始めたときは重苦しい中話が進むのかと思われたのだが
        きょうしゅのくび
その少年期青年期の土佐での話がフラッシュバックのように
ポンポンと逸話が途中途中に挿入されてくるわけですが
維新後の土佐での話が非常にユーモラスで明るく描かれているので
作品全体がサスペンス調には感じられないのです
そして、土佐での話しの中心が割腹した本人ではなく弟の話がメインという
この後、どのように話が進められるのか非常に気になります
明治の時代、近代に向かう途中の地方の状況が享楽的にのん気にそして
生き生きと描かれて面白いです
また、産業革命後のロンドンで貧富の差が出ている様なんかも
今まで知ることが無かった事なので興味が持って読むことが出来ます

バックスクリーン三連発


<<今年初起動 | ホームへ | 多摩図書館>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/896-da252c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)