FC2ブログ

タイトル画像

本陣殺人事件

2011.07.23(22:22) 493

「悪霊島」に続く横溝正史。前回は晩年の作品で今回が
創生期の作品。いろいろ調べるとこの「本陣殺人事件」が傑作であると
誉れ高いようなので読んでみる事にした
7_22honjinsatujinjiken
物量が少ないので(160頁ほど)あっという間に読み終えた
作品中にちょくちょく筆者が登場しこちら読者側に語りかけてくるのが
気になった。邪道に感じる
最後の結末があっけなかった。が気になったのは
ここで登場する金田一耕介である。構想では彼は最初東京の私学に
就学していたのだが中退しアメリカに渡りドラック中毒になっている
その後パトロンに学資を出してもらいアメリカのカレッジを卒業している
新たな発見だアメリカにいたとは。それも昭和の10年代の頃のこと。
あいつはいわゆるエリートか、当時のアメリカの教育を受けているから

バックスクリーン三連発


<<コクリコ坂から | ホームへ | あたためますか、ぬくめますか>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/493-7897e669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)