FC2ブログ

タイトル画像

インケツを吹っ飛ばすために

2011.06.11(21:16) 443

地図で見る下北半島は細長く長く続く海岸線を延々と走る
事になるだろうと想像できるが
実際に走ると広く広がる平野を走ると突如現れるのが
      6_11Mtosorezan
風力発電の風車。その大きさも異質だが田園の中に立つ姿が
異物の様そして想像通り北海道のように長い直線が終わり
峠道を抜けると突如硫黄のにおいが車の中を覆う
6_11Mtosorezan
ついたのが霊場恐山
春競馬全敗を継続中でこのままシンガポールのカジノへ突入すると
ドンだけ負けるんだと思い東北のパワースポットで今抱えている
インケツを吹っ飛ばしてもらおうと車を走らせた
6_11Mtosorezan
先述の通り新緑の中を走り抜けると硫黄のにおいが立ち込めて
フインキが一変しました
6_11Mtosorezan
ついて感じたのが何かが違う。歩いているうちに気づいたのが
全体に色彩がないのです。荒涼とした風景もそうだが建物もどこかさびしげ
色がうすい
6_11Mtosorezan
私はこういう地獄谷のようなところに行ったことがないので
目にするもの全てに驚嘆させられる
6_11Mtosorezan
その一つが何の花かわからないがこの針葉の白い花が
荒れた野に浮かぶように咲いている様はなんと言ったらいいのか
表現できかねるフインキをかもし出している
6_11Mtosorezan
白い丸い花のせいで雲の上を歩いているようだった
写真でこの変な感じはわからないだろうね
かなり遠いところになるが実際に言ってみるべきところだと思う
そして相変わらず駐車場はガラガラだった
6_11Mtosorezan
恐山に着く前にまずあるのが三途川
6_11Mtosorezan
当然私は存命なので初めて見るのだが
三途川はとんでもない透明度の川だった
そしてげんなりしたのが三途川は奇麗に
コンクリートで護岸がされています
6_11Mtosorezan
しばらくそこでうろちょろしているとおば様の団体が
ドヤドヤやってきては三途川を渡っていった
今渡らなくても、もうすぐ渡るでしょと心の中で突っ込みを入れた

霊的パワーを受けた私が今回予想するCBC賞は
1着ダッシャーゴーゴー固定で2,3着表裏でエーシンリジルと
グランプリエンゼルの2点のみ どうなる?

バックスクリーン三連発


<<弘前駅 | ホームへ | 太陽が上がっているぞ!どうしよう>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/443-63ea8ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)