FC2ブログ

タイトル画像

記憶のかけら

2019.07.30(11:59) 3425

今年は外れが少ない、これもよかったです。
というか「寝る間も惜しむくらい面白い本」で検索するのがいいのか。
話の方は戦後まもなくの文筆家で未発表の手記が発見されたと
大学の国文科講師のもとに寄せられたところから話が始まります
構成は二部構造で前半がその手記の内容
手記を書いた作家は自殺をしているのだが そこにいたるまでの経緯が
書かれており、何があったのかが謎となり残ります
記憶のかけら
後半はその手記にまつわる謎解き
それ以外に二重三重の謎がかけられ 主人公は翻弄されます
僕としては前半に戻って 文筆家の事案と掛け合わせて
過去と現在との間でミステリーが進むことを期待したのですが
どんでん返しが続きます。
検索ワードと同様500ページを超える本でしたが
一気読みでした。

バックスクリーン三連発


<<ディープインパクトの思い入れ | ホームへ | 学会員ではありません>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/3425-9f9f1d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)