FC2ブログ

タイトル画像

暗闇のアリア

2018.05.19(11:59) 2970

面白かったです。
作者の本はエンターテイメント先行で文章にそして物語に深みがない
ライトに読めるという僕の評価で 特に好んでこの人の本を手に取るということはなく
他に読むものないから これでいいか的に読む本です。
「罪の声」の時のように犯人を探索、追い詰めていく過程は面白いですし
中盤で犯人が特定できるのですが その時の見つけたぞ という感覚を読み手に
伝わらせるところは秀逸です。
          暗闇のアリア
自殺に偽装させて数々の殺人を犯していくのですが
争った痕跡を残さず殺していく手法がどういったものなのか どのように偽装するのかが
読んでいる間を通しての疑問でした。
さすが真保裕一です そのあたりはすっ飛ばしてくれています
ストーリー優先、この辺りが彼を一段低く見てしまうところだなぁ。


バックスクリーン三連発


<<4年ぶりに小島を見た | ホームへ | ことばの意味>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2970-76532963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)