FC2ブログ

タイトル画像

果鋭

2017.08.23(11:59) 2690

黒川博行も今や直木賞を獲って大作家先生や
なんやろかね 直木賞をとるとどいつもこいつも作品にキレがなくなる
桜庭一樹がこのパターンやね
この作品も なんや知らんけど大団円で終わってるし
先生も70を超えて人生の終焉で丸ぁるくなったんかしらね
あたりさわりのない作品書きはったわ
            果鋭
とはいえ、舞台はパチンコ協会、
今まで未知の分野でほぼ、初めてこのパチンコを取り扱う小説は初ではないだろうか
面白かったです
もう、二度と私がパチンコ屋で球を打つことはないでしょうし
大学生のころ、生業はパチプロと言ってうそぶいていた友人たちは
なんて愚かなんだろうかと読後に思いました。
主人公の伊達と堀内の会話のテンポはよろしいのだが内容が、
それこそ冒頭の話ではないが大先生になって切れ味が鈍ったのか
初期の「疫病神」のころのような本を握りしめながら肩を震わせて
笑うような 面白味のある会話表現がなかったのが残念だ。
それとは別にいつも思うのだが食に対するストイックさとバイタリティは素晴らしい
さんまさんがどんなに金持ちになっても舌だけは金持ちにならんといったように
彼らの舌は私のそれよりもはるかに上質や。

バックスクリーン三連発


<<コンビニコーヒー | ホームへ | 多摩川競艇場からのお知らせ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2690-077c2502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)