タイトル画像

暗幕のゲルニカ

2017.04.04(11:59) 2540

この本もこのミス対策で発表前に予約していた本です。
これも前評判は高かったんですが
僕の読後の感想はもう一つです。
このミス対策ということでミステリーかというと
どちらかというとドラマということになるでしょうか
ゲルニカ作成当時、ナチスのパリ侵攻当時のピカソとその周辺の様子と
9.11同時多発テロ当時のニューヨークの美術館企画者が戦争に対するアンチテーゼの
象徴としてスペインから不出のゲルニカをNYに展示企画させる話が交わる内容でした。
       暗幕のゲルニカ
ピカソのくだりで、開戦までのフランスの緊迫した様子なんかは臨場感があり
描写としては良かったのですし
ゲルニカが今の評価とは違って 公開当初は賛否が分かれていた当時の様子など
興味深くはあったのですが
物語としてはもうひとつ、ひょっとしたら「罪の声」の読後すぐというのも
マイナスが働いたかもしれません。
放心した状態から本のページをめくっていましたから。

バックスクリーン三連発


<<新聞 | ホームへ | 2017サクラ花見・光が丘公園>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2540-a7d26aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)