タイトル画像

君の名は。

2017.01.23(11:59) 2470

評判になっている異例のロングラン中である「君の名は。」
ようやく見に行ってきました。
どちらかというと自分の意志というよりも会社の同僚が見に行けと
言うので見に行ったというのが正直なところです。
いつの日か元旦の映画の日に見た「のだめカンタービレ」の時のように
まわりを女子中高生に囲まれたらどうしようという心配はありましたが
封切後、随分経っているのと話題作ということで幅広い世代の方がおられましたので
以前のように劇場で私の姿が浮くという事態は避けられました
写真より下にネタバレありの感想を書きますので
まだ、劇場に行っていない方は見ないでいただきたいです。
        君の名は。
まったく感じることはなかったです。上映中ずっと考えていたのは
足元が寒い、終わればすぐにトイレに行こう。ばっかり考えていました。
物語の中で二人の主人公の間には三年の時間軸の違いがあるのだが
携帯でメッセージ交換をしているのだから
入れ替わった時間軸が三年ずれている事に気づかないということがどうしても
解せない。三年もブランクがあればまず間違いなく携帯の世代が違っているだろうから
そこで気がつくだろうし、どこかで年数は出てくるだろう。
次に三葉の同級生の電気屋の息子、おやじの仕事場からダイナマイトを盗み出して
変電所を爆破するが 三葉の到底正気とは思えない説明、かつ専門家からの
退避見解も出ていない状況からどうして行動に移れたのか
少なくとも日本の高校教育までしっかり受けているようだし、映画からはどアホとは感じなかった
なのにほとんどテロと呼んでいい行動にもし、隕石が落ちてこなければ
自身がとがめられるという以上に一族が沈むぞ。
終盤に来てどうしてお互いの名前の記憶が薄れるのだろうか?そこもわからない。
そしてラスト、逢えたらいかんやろ

バックスクリーン三連発


<<HDDのなかみ | ホームへ | 稀勢の里が優勝した>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2470-c70ea740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)