タイトル画像

飛田をめざす者

2016.11.21(11:59) 2402

以前にも読んでいた飛田新地で遊郭を経営するマスターの話ですね
一時、スカウトに転進していた著者ですが
その後、飛田における環境の変化がありスカウトを使うことが禁止されたそうで
和歌山で家業を手伝っていたところ 店を譲った後輩から
熟女系の店を任せたいというオーナーと引合され ふたたび飛田に雇われ
マスターとして戻ってきたときの話になります。
       飛田をめざす者
まったく門外漢の話になりますので
いつもながら興味深く読むことができます。
実はこの著者の本を読んで私も飛田に行ってみました
さすがに大阪に戻ると実家に帰る事になりますので
久々に帰る実家に女の臭いをまとって帰るわけにいきませんので
あがることはせず、物見憂山をきめこみましたが
新地に行くまでの商店街の迫力にビビりまくりです。
カドを覗いてみると汚いおっさんが酔っぱらって伸びてるし
なんか薄暗いし怖かったのを思い起こせます。
とりあえずメイン通りを歩きましたが 本で書いてある通り若いかわいい娘が
框に座っているのを目にしました。
さすがにフインキに飲まれて写真を撮ることはできませんでしたね。

バックスクリーン三連発


<<充電器 | ホームへ | ジャック・リーチャー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2402-1ee2fe9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)