タイトル画像

ある閉ざされた雪の山荘で

2016.09.29(11:59) 2352

出張のお供に持ち運びやすい文庫を借りていきました
ミステリーというよりも推理小説というべきでしょうか
東野圭吾の昔の作品で 古典といってもいい作品と思います。
        ある閉ざされた雪の山荘で
感想としては気軽に読むことが出来るかなっと。
なんだか夕方の火曜サスペンスのようなフインキでした
特に印象に残ることもないですが
時間をつぶすには役に立ったのかな。

バックスクリーン三連発


<<名鉄名古屋駅の怪 | ホームへ | 豪栄道、九月場所初優勝>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2352-2d8d1fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)