タイトル画像

サラバ!

2016.08.25(11:59) 2320

西加奈子の直木賞受賞作だったか
さんまのまんまに彼女が出演していて、面白い人だなと思ってから図書館に
予約を入れた本が私の手元に届きました。
不思議な本です。登場人物の会話などは面白いんですが物語の話の中心が
どこにあるのかがつかみどころがない本です。
主人公の歩が小学1年生から中学3年生になるまでのことが綴られています
親の仕事の関係で途中エジプトのカイロで住むことになるのですが
物語としての盛り上がりは全くありません。
私は自分が読んだ本をこのブログで感想を述べていますが
この本はこういう本ですと説明することが難しいです
強いてあげるなら家族の叙事詩ということになるのでしょうか
       サラバ! 上
重ねて申し上げるのですが本としてはほんとに面白いんです。
ですが何の話なのかが上巻を読み終わっても見えてこないんです
ただの海外に赴任した後、離婚家庭が描かれています。

バックスクリーン三連発


<<桐生SGメモリアル4日目 | ホームへ | グランドスラム達成>>
コメント
下巻になると物語が動きます。
歩の美貌に衰えが・・・正確には歩の一部分に衰えが・・・
不思議な家族の形の話でした。個人的には好きな本です。
【2016/08/26 09:14】 | igaiga #- | [edit]
コメントありがとうございます。

今、お姉ちゃんが巻貝をかぶっています
その発想などが斬新で
とりあえず 読み進めることが出来ています


> 下巻になると物語が動きます。
> 歩の美貌に衰えが・・・正確には歩の一部分に衰えが・・・
> 不思議な家族の形の話でした。個人的には好きな本です。
【2016/08/27 07:02】 | バックスクリーン三連発 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2320-64bf31d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)