タイトル画像

病葉流れて

2016.07.22(11:59) 2281

ギャンブル小説ということで借りたのですが序盤は青春小説です。
不思議と著者の白川通の本を読む事はなかった。
一度だけ「天国の階段」を手にしたことがあったが気に入らなくて読み終える
ことはなかっんだがその時、何が気に入らなかったのかは記憶から消されている。
話は大学進学で上京してきて、大学の寮住まいを始めた主人公が
そこで麻雀の魅力に取り付かれてしまう話です。
何気ない普通の学生が実は博才があるということで様々な大人たちに
囲まれて勝負に挑んでいくという、この方式を私は「はじめの一歩」方式と
呼んでいるんですが、読んでいくと中盤以降は阿佐田哲也の「麻雀放浪記 青春篇」を
まんまパクッた作品でした。
         病葉流れて
繰り返しになるのですが普通の学生が特別博才があるということで
博打、麻雀の世界に入っていくのですが
小説中ではまず勝っているところを見ていない。
実はギャンブル小説と言いながらこの主人公をハメている小説なんではないか
そして、その勝っていないというのは小説の最後まで続きます
ということでこの小説は主人公がバンバン強敵をなぎ倒していく
博打の立身出世物語ではありません。
そして、深さと言ったらいいのか ギャンブル小説家としての凄味というのは
麻雀放浪記を読んだ方がおられましたらわかると思いますが
一枚どころか数十枚ほど劣る。

バックスクリーン三連発


<<うちわ いっぱい | ホームへ | 鳴門観光記>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2281-74777d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)