タイトル画像

真実の10メートル手前

2016.06.30(11:59) 2268

あの「満願」を書いた米澤穂信の新作短編です。
あの「満願」は奇跡の一作だったのでしょうか、読後の感想となると
うなるほどでもないというのが感想です。
おもしろくないというわけではないです。
十分に楽しめますがやっぱり、あの「満願」があるから比べてしまいますよね
主人公はフリーの月刊誌の記者、太刀洗万智。これはシリーズ物なのだろうか
いたく冷静で切れる女性記者・太刀洗が取材先で事件の真相を見つめなおす
というようなお話なのです
          真実の10メートル手前
話の最後の余韻は独特のもので
あのあたりは著者の米澤節といったらいいのでしょうか
そういう意味では著者の特徴が出ていると思いますね
それでも「満願」に比べて一枚落ちると感じるのは
話のオチがある程度、透けて見えてしまうこと、このあたりのせいかも知れません。

バックスクリーン三連発


<<6月の収支結果 | ホームへ | New観戦アイテム入手>>
コメント
こんにちは。ようやく復活しました。
コメントいただき本当にうれしく思ってます(´∀`)
この本はシリーズというより太刀洗という人がこの本の他にも
登場してます。個人的には米澤さんの本は短編のほうが終わりが
スッキリして好きです。
【2016/07/01 10:33】 | igaiga #- | [edit]
手術、お疲れ様でした
改めて健康が大事であると
認識させられた今回の病気でした。

> こんにちは。ようやく復活しました。
> コメントいただき本当にうれしく思ってます(´∀`)
> この本はシリーズというより太刀洗という人がこの本の他にも
> 登場してます。個人的には米澤さんの本は短編のほうが終わりが
> スッキリして好きです。
【2016/07/01 16:56】 | バックスクリーン三連発 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2268-2ac5e345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)