タイトル画像

叛徒

2016.06.18(12:02) 2257

読んでいて中盤に感じたのはこの作品は江戸川乱歩賞受賞作か?ということ
作風が同賞が好みそうな作りでした。
中国人による日本への職業技術研修制度に絡む、中国送り出し機関と
日本の受け入れ企業による違反行為、低賃金と重労働強要をベースとした話で
主人公は中国語の通訳捜査官です。
新宿で中国人研修生の遺体が発見されたのだが いじめで登校拒否をしていた
主人公の息子が憂さ晴らしに中国人狩りと呼ばれる中国人暴行に関与している
証拠をつかんだ主人公は逃走している殺人犯を息子と重ね合わせ
自分の立場を利用し、誤訳することで捜査を息子から逸らそうと試みる。
               叛徒
読後の感想は冒頭で述べたとおり
過去の行為に悩める主人公がいる→そのうち事件が勃発→大どんでん返し
→過去のトラウマも覆す真実が出てくる→大団円。
ミステリーとはそんなもんなのかもしれないですが
あまりにも方程式に当てはめられたらマンネリを招く。
大団円とは書きましたが一つ気になるのが ずぶずぶに癒着しまくった
女性入国管理官はどうするんだ?ほったらかしになってるんだが


バックスクリーン三連発


<<各紙の様子 | ホームへ | 打~てよゴメス、勝利のア~チ~>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2257-7ee39086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)