タイトル画像

16安田記念観戦記

2016.06.05(17:33) 2245

当日の天気予報は9時からくもりとなっていましたが
本当に10時ごろには降り続いていた雨も止んでおり
私が家を出ようとした2時半ごろには太陽まで射してくるありさまで
今日ばかりは気象庁の予報のすごさに脱帽でした。
ということで晴れたので東京競馬場まで足を運んだんですが
 16安田記念観戦記
競馬場に着いてさっそくパドックを覗いてみたのですが
私が前日、本命に指名しておりましたリアルスティール、完全に
終わっていました。入ってくるなり気の悪いところを見せ付け
体全体からも異様な発汗、もう、ギリギリっていう感じでした。
下の写真は馬場入りする11番リアルスティール。
 16安田記念観戦記
この日はほんとに珍しく、パドックでこいつはいかんという馬がリアルスティールを
含め3頭、あからさまにました。まずは人気馬のサトノアラジン。
下に写真を載せますが見ての通り、覇気というものがまるっきりありませんでした
馬なんですが終始、肩を落としてパドックを周回しており
見ただけで消し去ることができました。
 16安田記念観戦記
もう一頭の私が見たところダメダメだった馬はクラレントです。
500㌔近い馬体のはずがまるっきり縮こまって見せるできで即、消し。
着いていきなりそんなネガティブな光景ばかり見せつけられて
購買意欲なんてわきますかいな、おまけにその中に自分の本命が
入っていたら他に何か考えられます?
 16安田記念観戦記
ということで見るだけのレースとなりました。
スタンドで開いている席があったことはラッキーでした。

バックスクリーン三連発


<<すべてはFのために | ホームへ | 16安田記念予想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2245-0c90cf87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)