タイトル画像

将棋の子

2016.05.19(11:59) 2227

ストイックな話を読みたいということで以前、将棋を取り扱った小説と
いうことで調べていたなかの一つです。
作者の大崎善生は以前、村山聖を扱った小説「聖の青春」を読んで知っていました。
「聖の青春」は若くして亡くなった広島の怪童・村山聖の一生を綴った小説で
今回の作品はプロになれなかった、四段に昇段できなかった奨励会員たちの話です
作者と同郷、札幌出身の成田英二(当時二段)と奨励会退会して11年後に再会する
までの話を中心に敗れ去って棋界を去っていった棋士たちのエピソードが
ちりばめられた作品となっています。
         将棋の子
作中で語られていますが羽生世代の57年組がいかに棋界に旋風を巻き起こしたのかが
よくわかります。「等伯」の小説を読んだ時に信長というのが
いかに悪魔のように恐れられていたのが生き生きと描かれ当時の様子が手に取るように
伝わったのと同じように羽生世代の台頭にそのほかの棋士が巻き込まれ
彼らが勝ちまくるゆえに残された勝利数が相対的に少なくなり
奨励会で足踏みをさせられる羽目になったかがよくわかります。
志し半ばで棋界を去っていった人達の話なのでちょっとフインキは落ち込みますが
面白い作品となっています。

バックスクリーン三連発


<<オークス予想 | ホームへ | 5月の結果>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2227-5ee8bfbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)