タイトル画像

聖母

2016.04.22(11:59) 2201

本屋で平積みされていたので図書館に予約を入れて借りてみました。
私の手元に届くまでにえらい時間がかかったのは意外でしたが何かの
受賞作だったのでしょうか
時間がかかって手元に届いた割にはえらい量の少ない本です。
250ページほどしかない上、一ページにしめる文字の量も少ないので
サクサクと読み終えることができました。
内容は静かな住宅街に男児誘拐殺人事件が起こります。
その遺体は性器を切り取られ、死姦された痕跡があるにも関わらず
体は洗浄され、漂白剤で清められて犯人につながる痕跡は一切残らず
かわらにうち捨てられていました。
犯人は冒頭でいきなり判明します。
            聖母
ですが、そこからが圧倒的でした。面白い。
ジャンルとしては叙述系になるのかな、そんなにがっつり叙述ではないが
ひとつひとつ薄皮を剥ぐように明らかになる事実に感嘆します。
また、真琴の自宅風呂場で遺体を処理している最中に母親が帰宅する
シーン等はスリリングでした。
この作品が叙述系とわかってから犯人探しの妄想が一気に広がり
いろいろと考えさせられたのがまた、楽しかったです。
今のところ今年一ですかね。

バックスクリーン三連発


<<私的「真田丸」感想 | ホームへ | 皐月賞・びわこマスターズ 結果>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2201-f8e4e2a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)