タイトル画像

田村隆信という人のご紹介

2016.02.25(11:59) 2145

田村隆信という人は徳島支部所属の競艇選手です。
一般的に当たり年とされる85期訓練所卒業生で同期にSGタイトル獲得者が
自身も含めて5人います。いわれの諸説がありますが85期を総じて銀河系軍団と
一般的にいわれています。
 田村隆信という人のご紹介
<写真は2013年住之江・賞金王決定戦の優勝戦メンバーインタビューより>
今年、彼の所属する徳島の鳴門競艇場が改修を終え、こけら落としにSGオーシャンカップが
7月の海の日に優勝戦が行われます。
競艇選手にとって地元でのレースとは特別な思いがあります、ましてSGタイトルが地元開催
となると何が何でも出たいものです。まして人気選手でかつ、徳島のエースとしては
是が比どころが嫁さん売ってでも出たいレースになるわけです。
さらにあげると鳴門にSGタイトルがやってくるのは五十何年ぶりとなり
嫁さん売ってとか云々の前に人殺しても出たいわけです。
 田村隆信という人のご紹介
<写真は2013年住之江・賞金王決定戦の優勝戦メンバーインタビュー後ピットに戻る道中>
そのオーシャンカップですが誰でも出れるわけではありません。
規定としては4月末日からさかのぼって1年間でG1、G2戦の優出で
1着10pt,2着9pt,3着6pt・・・と優勝戦での着順に応じたポイントの合計が多い人から出場できます。
では現在彼は前節の四国地区選手権で期間中で初の優出、3着で9ポイント。
ボーダーはだいたい毎年20ポイントあればセーフとされています。
通常の彼の力量とすれば軽くクリアできるところなのですが最悪なことに去年事故点がかさみ
A1級から陥落しG1出場機会が皆無、A1復帰後、そういう背景のせいで力が入ったのか
G1、二節目でフライングを犯し、4月から1ヶ月のF休み。
ということでこの3月で優出し、6点以上取らないといけなくなるわけです。
昨日の住之江周年では予選6位で好枠の準優戦でしたが3着で優出ならず、
今後の斡旋状況を見ると芦屋周年と徳山のG2戦の二節を残すだけです。

バックスクリーン三連発


<<贖い 【感想】 | ホームへ | 季乃彩(ときのいろどり)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/2145-5f673b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)