FC2ブログ

タイトル画像

下関SG チャレンジカップ 観戦記

2014.12.01(21:17) 1683

初日の55機をひいた井口が6コースからまくりきったのを見て
今節は井口と死ねると感じ、二日目から井口しばりで参戦しました
文字通り井口と心中することとなりました。
節を通じて私が見たところエンジンが噴いていたのは
井口・茅原・丸岡・智也あとちょっと劣るが石野この5機でしたかね
いずれの舟券も購入しましたがいずれも2着ヒモぬけし
大魚を逃しつづけました。
 下関SG チャレンジカップ 観戦記
さて、昨日の優勝戦ですが、とにかく憲吾ですね
ターンマークにぶつからなければ2着はあったし菊池が2着に
来ることもなかったはず。
それにしても今年の菊池はすごいなぁ あの機力で2着までもって
くるかね。もう一つはコンマ21のスタートの茅原、
もうちょっと行くと思ったんだけどなぁ でも、あんだけ
うねりでバンバンはねてたら2着までもなかったなぁ。
とにかく今節は1万円以上へこんだので今週末は多摩川に
出向いて取り戻してきたいと思います。
 下関SG チャレンジカップ 観戦記
話は変わって、このチャレンジカップをもって賞金王決定戦の順位が締め切られ
グランプリ出場する18人の選手が決定されました。
関西からは石野まで入るという大量5枠、関東は憲吾のがんばりも
届かず地元東京から選出はないが3枠、18位ギリギリだった田村も
滑り込み四国からは意地の1枠を確保。
意外だったのは出場が瓜生のみの九州勢ですね。
 下関SG チャレンジカップ 観戦記
Fをいくら持っていても気力が劣っていてもSG優出を続けた
今年の池田には何か空恐ろしいものを感じる。
同じく今年の菊池にも同じことが 今年の平和島決戦は
今から評判の53号機を引いた人が優勝の可能性が
そこでおそらく世界で一番早い優勝戦の予想を
①今村豊(山口)②菊池孝平(静岡)③茅原悠紀(岡山)
④山崎智也(群馬)⑤池田浩二(愛知)⑥井口佳典(三重)
進入は3対3の枠なり ①今村トップスタートを切って1M先マイするも
流れて③茅原ツケマイと一緒に外にOut、がら空きになった
インを②菊池が楽々差し、まくり差しにいった④智也が茅原と
今村の競にハンドルきりなおして続く形で
②④⇒②④⇒流し、②⇒④⇒⑤厚めで菊池の優勝。が私の予想。

バックスクリーン三連発


<<この冬、一番の買い物 | ホームへ | 14下関SG・チャレンジカップ 優勝戦予想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/1683-1a30bbaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)