タイトル画像

記憶の食卓

2013.07.23(19:34) 1217

何度も行っている事ですが夏なので身の毛もよだつホラーが読みたい
加えて、予約している本もしばらくは届かないのでつなぎで
それこそ″身の毛もよだつホラー″で検索して引っかかった作品の一つ
作者は当然知りません。
            記憶の食卓
読んでみた感想は
少しも怖くない、どちらかといえばミステリーホラーと
呼ばれるジャンルでしょうか
作者は私より一回り程年長の人のわりに
文章が若い、プロフィールで年齢を確認するまで
あぁ、最近の若いやつが書きそうな文章と思っていた
異形の小説ですね ちょっとひねりが効きすぎていて
一つも入ってこない感じです

バックスクリーン三連発


<<そうだ京都に行こう | ホームへ | 生まれてはじめての>>
コメント
創元推理文庫の「怪奇小説傑作集1」に入っているハーヴィー「炎天」はいいですよ。

十分もあれば読み終えられるような短い話ですが、初読時は一気に涼しくなりました(^^)
【2013/07/24 14:15】 | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | [edit]
コメントありがとうございます

覚えときます
当面はホラー未読本がまだ手持ちにありますので
東京に戻ったら図書館で借りてみます


> 創元推理文庫の「怪奇小説傑作集1」に入っているハーヴィー「炎天」はいいですよ。
>
> 十分もあれば読み終えられるような短い話ですが、初読時は一気に涼しくなりました(^^)
【2013/07/24 23:23】 | バックスクリーン三連発 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/1217-c89a3927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)