FC2ブログ

タイトル画像

海賊と呼ばれた男 下

2013.05.27(23:33) 1167

読み終わりました。読後の感想は「いささか芝居がかっている」
、ですかね。
第三章は冒険編です。石油メジャーに対抗してイギリスに経済封鎖
されたイランへ石油を取に行く冒険譚。
第四章は終焉ですわ
まぁ、書いてある通りなんでしょうが...。
たまにテレビで北の将軍様から勲章をもらった女性が泣き崩れる
映像がニュースで流れるのを奇妙な目で見ることがあるでしょう?
         海賊と呼ばれた男 下
読後はあんな感想かな。
僕は一つの正義の裏には別の正義があると考える性質で
例えば先の大戦ですが日本は敗戦しましたが
大国の支配からのアジア諸国の解放の意味も含まれているのです
だから大東亜戦争だったわけですが
大国からすれば帝国主義打倒だったのかもしれません
その差はどこに出るかというとそれは勝者の論理になるわけです
もうひとつ例を挙げると、私は大阪人なので家康は信長公と太閤さんの
恩を忘れた逆臣なのですが、別の見方をすると泰平の世を200年余
築いた統治者となりますね。
そんなことを考えたなぁ。

バックスクリーン三連発


<<八王子駅から見える風景 | ホームへ | 第80回日本ダービー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/1167-6a36d4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)