FC2ブログ

タイトル画像

そして誰もいなくなった

2013.02.04(17:46) 1053

アガサクリスティーの古典ミステリーですね
ミステリーのファンクラブみたいなサイトを見つけて一番
採点の高かったこの作品を試しに読んでみた
レビューでは本当に恐かった等と書かれていたので楽しみにしていたのだが
この作品、後のミステリーにも影響を与えた
作品のようでアガサの作品の中でも高い評価を与えられていたようです
          そして誰もいなくなった
孤島に寄せ集められた見知らぬ10人が童話の歌にちなんで
次々と殺害されていく
犯人探しに読者を楽しませてくれるのだが
私の推理では執事ロジャースが双子で犯人と見立てたのだが
動機がわからなかった。なのでその線で読み進めていったのだが
冒頭に書いたように恐怖を感じることはなかったが
犯人探しとその動機を推理することが楽しめる作品ではあると思う
初めて読むアガサではあるがなるほど後の作品につながるところが
随所に見られると思った。たとえば横溝正史の悪魔の手まり歌みたいな。
どうしても腑に落ちないのはヴェラが首つる動機がわからない
そこが気になった

バックスクリーン三連発


<<マカオ 番外編 | ホームへ | G1関東選手権 (江戸川)>>
コメント
悪魔の手毬歌は横溝正史です。
【2013/02/06 13:16】 | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | [edit]
それに「そして誰もいなくなった」というこの作品は20世紀に入ってからのものです。
【2013/02/06 13:18】 | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | [edit]
ありがとうございます
修正済みです

> それに「そして誰もいなくなった」というこの作品は20世紀に入ってからのものです。
【2013/02/06 22:17】 | バックスクリーン三連発 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://backscreen3shoot.blog134.fc2.com/tb.php/1053-fd6bdd0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)