FC2ブログ

タイトル画像

この闇と光

2019.07.12(11:59) 3408

超絶に面白かったです。
検索で「寝る間も惜しむほど面白い本」で調べた結果に
行きついた本でした。
作者の服部まゆみさんはすでにお亡くなりになっている作家さんで
1948年生まれとありましたので僕よりずいぶん年上ですね
今まで存じ上げない作家でした。
       この闇と光
いい本ていうのは序盤からいきなり引き込まれますね
当然、ミステリーなのでこの不思議な序盤はなんであるかを
考えてしまうのですが
それはやがて気持ちよくやられた感が終盤にやってきます
それにさらに追い打ちをかけるように もう一つ
事実が突き付けられた時には 参ったでした。
今年は本の当たり年のようで
節一候補がたっぷりある
これも最近読んでいるので今年一候補だ。


バックスクリーン三連発


2019年07月12日
  1. この闇と光(07/12)