FC2ブログ

タイトル画像

火のないところには煙は

2019.03.19(11:59) 3283

面白かった。おそらく今年のベストだったんではないだろうか。
このミス予想で予約していた本ですが
短編でここまで面白いのは 「満願」以来。
5編からなる著者の周りの人や紹介でつながった人から
寄せられる怪異現象を書き綴ったもの
それが最終章ではあることにつながるのではないか
というところで話を結んでいます。
        火のないところに煙は
怪談の中にもミステリーがあるところが
私のアンテナに引っかかりました。
加えて、その中でも人間のエゴってやつですか
それなんかも加味されていて さらに面白くもありました。
ここのところ、映画を見ても 本を読んでも
大した感想は得られていなかったので
この本が面白かったと感じたことで まだ感受性が残っていたことを
確認できてよかったです。

バックスクリーン三連発


2019年03月19日
  1. 火のないところには煙は(03/19)