タイトル画像

14下関SG・チャレンジカップ 優勝戦予想

2014.11.30(15:13) 1682

東都のエース憲吾がやってくれました。
予選2位通過から準優戦1枠から逃げ切り、優出をはたしました。
ここで2位に入れば相手次第もありますがほぼ年末の平和島
グランプリに18位で滑り込み出場がかないます。
私は関西人ですが平和島決戦で地元・東京勢がいるかいないかでは
盛り上がりが断然違います。なんとか2位になってほしいです。
 14チャレンジカップ決勝
さて、ここからは私の予想です。
優出メンバーから機力が出ているのは③茅原、⑤井口の二人です。
ずば抜けています。①太田はエース機で評判ですが私の見た感じでは
これは!というほどではないですがスリットから誰にも出られていないので
上位ではあるのでしょう。
怖いのはスタートダッシュの効く④菊池ですがカド受けの③茅原もSは
今節速いのでまくられることはないでしょうし、差すには機力が太田相手では
足りないと感じます。以上から、
進入は3対3の枠なり、全艇スリットはコンマ15近辺、①太田が少々遅れても
機力で先マイは可能とみて②憲吾の差し、③茅原のツケマイ、
憲吾は差し切る機力は太田と比較してないので差し切りはないので
予想は①⇒②③⇒流しが基本、怖いのは全艇コンサバな0.15台のSに
対して若い茅原が握ってゼロ台のSでスリット一発でまくりきった時ですが
半年前のG1でFをきって懲りただろうから、ここではそこまで踏み込めないと
本線は①⇒③⇒⑤②。

バックスクリーン三連発


2014年11月
  1. 14下関SG・チャレンジカップ 優勝戦予想(11/30)
次のページ
次のページ