タイトル画像

ユタ州アクアリム

2017.12.04(11:59) 2800

ホントにここユタですることが無くなってきた
ついにはホテルの近くに見つけた水族館にまで
行くしかなくなった。
ユタ州アクアリム
アクアリム、大人入館料19.96$
考えてみれば高校の修学旅行以来の水族館ではないだろうか
はっきり言って そんなに面白くなかった
ふれあいコーナーでエイに触ったりしたんですが
特にもう一度行きたいという気持ちにはならなかった
ユタ州アクアリム
この水族館の一つの売りである水中トンネルで
サメがメインの水槽になるのですが
よわっちいサメばかりで ホオジロザメくらいいてくれたら見栄えもしたのになぁ
なかなか水槽越しでしかも証明がくらい中 動き回る坂をとるのは
至難の業で、私のコンデジと腕ではとてもではないが撮りきれませんでした。
とはいえタツノオトシゴを見たときは地球外生物としか考えられず
なんだかその作りに妙に感心したなぁ。
ユタ州アクアリム
次がペンギンの水槽で水面から下のペンギンが泳ぐさまが観察できます
背中から羽の間に含まれる空気が出てくる様がかっこよかったし
丸々と油がのって太ったペンギンがうまそうだと思いながらこの写真の
シャッターを切っていました。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

Go! UTES

2017.11.29(11:59) 2792

ユタに出張に来ているのは既報の通りです。
出張が決まった時に11/22(水)から仕事開始なのですが
11/23(木)がサンクスギビングで米国の祝日、11/24(金)が平日となり
週末に突入する そうなるとアメリカ人が働くはずがないがな
下手するとこの何もないユタで4連休になる恐れもあるということで
出国前に何かイベントが無いか調べまくりました
見つけたのがカレッジのフットボールが週末にあるではないですか
日本でチケットを購入し、週末をむかえました。
Go UTES
前回のボイジーでのブロンコスの試合に続き、今回で3戦目。
Utahのチケットは高いと感じていたのですが探せば安いチケットもある
今回用意したのは電光掲示板が見れるNorthEnd、38$なのですが手数料と
スマホを持っていたないためアプリで受け取るチケットが使えないので
現地プリントアウト方式をとった為、諸経費込みで50㌦でした。
この試合は完ぺきな試合でした。パス・ランともにバランスのとれた攻撃
とにかくランを中心に圧倒しましたね
Go UTES
ブロンコスと比べて申し訳ないですがチームは強いですが 観客はおとなしいです
これだけ人がいるのに静かですね そこは物足りないです
ボイジーでは皆で声を掛け合ったりして全体で盛り上がったのですが
ユタではスタジアム全体で応援するという行為が少ないし
あってもスタジアムから湧き上がり、響き渡るような声援が小さいです
Go UTES
現地の同僚にスタジアムまで車で行けるかと聞いたところ電車で行けとの
事でしたので初めて電車に乗りました
写真では閑散としていますがこの後、ユタファンで埋まります
いいなぁと思うのは電車が駅に着く前に応援歌が流れはじめ 
最後は乗客全員で「Go! UTES!」で叫んで締めるところは 
見ていて地元意識が出て、いいなあと感じました
そもそも20:00キックオフで試合後まで電車があったんだろうか
リストにあった最終電車が週末は23:30だったので 私はその一本前の
23:10に乗って帰ったんですが 試合は24:00近くまであったと思うのですが
他の人はどうしたんだろう。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

最近、好きなんです

2017.11.27(11:59) 2789

上野で動くパンダを見てから、動物園好きになったようです。
ユタに再び来てから まず、この方々に行きまくったユタで何をするかを
考えて思いついたのが そうだ、動物園に行こう でした。
調べてみるとソルトレイクシティの郊外にありました 
ホーグルというのか?この動物園。
ユタの動物園
今はオフシーズンで値段は15ドル程度
どこも子供連ればかりで 大人一人では少々さみしい感じになります。
動物園の良し悪しはやっぱり、動物が動いているかどうかですね
生まれて初めて動いているライオン見たかも
しかも同じ目線で。たいてい上から見下ろすところしか知らない。
ユタの動物園
若いオスライオンだと思うのですが ハロウィンか 配られたかぼちゃを
ゴリゴリと食って、そして目の前をウロチョロしてくれました。
意外と小さい。馬くらいのデカさがあるのかと思っていたが
そうではなかった。ガラス越しとはいえ、目の前を何度か歩いてくれたので
ちょっと、年甲斐もなく子供を押しのけてがぶりついてみてしまった。
ユタの動物園
この日、ラッキーだったのが行った時がちょうどゴリラのエサやりの時間で
これもウロウロしてくれました。
大きなシルバーバックもガラス窓のすぐそばに来て
ごろんと昼寝をしだして近くで見ることが出来てラッキーです
よく見ると人間と似ているところがやはりあり
真っ黒な足の爪なんかを見つけると なんだか変な気分でした
これもじーっと見ていたんですが その面長な顔がだんだんと
柔道家の篠原信一に見えてきた。
アルマジロ
今日一、気持ち悪かった動物、アルマジロ。
ガラス越しなのでカワイク見れましたが 
こいつが家の軒下にいたらと思うと急に気持ち悪く感じました。
はじめていくこの動物園、規模は上野や多摩のそれとは比較にならない
ほどこじんまりしたもんですが それがちょうど疲れもせず
いい感じの時間で回ることが出来ましたので 楽しく過ごすことができます。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

行ってみたものの

2017.10.08(11:59) 2739

日本に帰ってきて、今回の凱旋門賞観戦でかかった費用を計算してみた
トータルで約19.6万円。
内訳をざっくり書くと
 ①燃料サーチャージ代 38,540円(航空券はマイルを使用)
 ②ホテル代 79,632円 
 ③チケット代 12,000円 (ルーブル、オルセー、ヴェルサイユ、シャンティ競馬場)
 ④ユニクロ服代 12,170円
 ⑤現地諸費用 54,000円 (馬券代、移動費、食費)
行程は初日・移動ホテル泊のみ 二日目・市街観光、三日目・オルセー美術館、
四日目・凱旋門賞観戦、五日目・ルーブル美術館、六日目・ヴェルサイユ宮殿
というざっくりした予定でした
  パリまとめ
初めてフランスに行ったんですが感想はというと
汚い街、二度といきたくねぇ。どこでもかしこでもタバコをバンバン吸いやがって
おまけに路上にはゴミだらけ、どこを行くにしても行列ばかり うんざりです。
地下鉄に乗ればものたかりがやってくるし、ひどかったのは逆切れした若いのが
扉が閉まるのを妨害して地下鉄を止めたときやね
他の乗客と言い合いとなってつまみ出されたがそういうの見させられると
治安的にはどうかと 日本のようにケツに財布を入れて街中を歩くことは
出来んよね、海外に行けば当然気をつけるのですが ここは一段とそのあたりの
気遣いはしましたね かばんは必ず体の前にもってくるようにしていました。
    パリの治安
次に気づいたのはパリジャン達はイヤホンさして街を歩いたりしていない
東京ならだれしもが耳にはヘッドホンがささっているように感じますが
その比率がパリでは明らかに少ないです
最初はそのあたりの治安の悪さからしてないのかなと思ったものですが
理由はわからないです。
次に苦しめられたのが街中にトイレが少ない
正直、どこでどのようにしていいのかわからないでしたね
東京ならパチンコ屋に入ればどこにでもあるので苦労はしないのですが
これには困りました
最後に天気に苦労しましたね
というのもYahooの天気コーナーにある世界天気がまったく信用ならない
結局、現地にいてもっとも信用できたのが
ウエザーフォーキャストというサイト
出国前、パリ滞在中はYahooから入る気象庁の世界天気では一週間雨のはずだったんですが
結局は滞在中、雨にあたることはありませんでした
夜のうちに降って朝にはあがっているの繰り返しでそれをピッタリ当てたのは
このサイトになります 何かの参考にしてください。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

オスカルはおるんか

2017.10.07(11:59) 2738

ヴェルサイユ宮殿にも行ってきました
ここはとんでもなく込みます
写真は9時開門直後の様子ですが 私は20分ほどで入れましたが
宮殿を出た10時半ごろにはこの行列が
4重、5重にもなっていましたおそらくは中に入るまでには2時間くらい
かかるものと思います 当然、チケットもインターネットで事前購入するのは
大前提です。
    ヴェルサイユ宮殿
僕はここを丸一日を費やす用意をしていましたが
あまりの人の多さで 中を見たらすぐ帰りました
庭園も見ましたが あまりにも広大すぎて
中を見て回ろうという気にもなりませんでした
    ヴェルサイユ宮殿
有名な鏡の間です
意外だったのは床は大理石ではなく木だったこと
四谷にある迎賓館を見たときに 日本も負けない宮殿が
あるじゃないと思いましたが
あれが完全に間違いだったことがわかりました
ルーヴル宮とこのヴェルサイユ宮殿を見ると規模のデカさ
桁違いです。そういえば 紫禁城も宮殿か
あそこも相当桁違いだった。

バックスクリーン三連発


海外
  1. ユタ州アクアリム(12/04)
  2. Go! UTES(11/29)
  3. 最近、好きなんです(11/27)
  4. 行ってみたものの(10/08)
  5. オスカルはおるんか(10/07)
次のページ
次のページ