タイトル画像

君の名は。

2017.01.23(11:59) 2470

評判になっている異例のロングラン中である「君の名は。」
ようやく見に行ってきました。
どちらかというと自分の意志というよりも会社の同僚が見に行けと
言うので見に行ったというのが正直なところです。
いつの日か元旦の映画の日に見た「のだめカンタービレ」の時のように
まわりを女子中高生に囲まれたらどうしようという心配はありましたが
封切後、随分経っているのと話題作ということで幅広い世代の方がおられましたので
以前のように劇場で私の姿が浮くという事態は避けられました
写真より下にネタバレありの感想を書きますので
まだ、劇場に行っていない方は見ないでいただきたいです。
        君の名は。
まったく感じることはなかったです。上映中ずっと考えていたのは
足元が寒い、終わればすぐにトイレに行こう。ばっかり考えていました。
物語の中で二人の主人公の間には三年の時間軸の違いがあるのだが
携帯でメッセージ交換をしているのだから
入れ替わった時間軸が三年ずれている事に気づかないということがどうしても
解せない。三年もブランクがあればまず間違いなく携帯の世代が違っているだろうから
そこで気がつくだろうし、どこかで年数は出てくるだろう。
次に三葉の同級生の電気屋の息子、おやじの仕事場からダイナマイトを盗み出して
変電所を爆破するが 三葉の到底正気とは思えない説明、かつ専門家からの
退避見解も出ていない状況からどうして行動に移れたのか
少なくとも日本の高校教育までしっかり受けているようだし、映画からはどアホとは感じなかった
なのにほとんどテロと呼んでいい行動にもし、隕石が落ちてこなければ
自身がとがめられるという以上に一族が沈むぞ。
終盤に来てどうしてお互いの名前の記憶が薄れるのだろうか?そこもわからない。
そしてラスト、逢えたらいかんやろ

バックスクリーン三連発


タイトル画像

ローグ・ワン

2016.12.18(11:59) 2432

言わずと知れた「スターウォーズ」のスピンオフ作品です
デス・スター建設直後、反乱軍が設計図を盗み出し、レイア姫へ
届けるまでの話です。
   ローグ・ワン
待ちに待った作品でした。
ここまで期待を膨らました作品を実際目にすると
がっかりするのが常ですが
今回に限っては、全く違う。大満足の作品で間違いなく
今年No.1の作品です。
             ローグ・ワン
すごい映像です。宇宙空間を飛んでいるデストロイアが
地上の造形物と一緒に写っているのが 実在するものではないかと
錯覚させるくらい見事な映像です。
この後は毎度のことですが海老名のTHXシアターでも見てみたいと思います

バックスクリーン三連発


タイトル画像

ジャック・リーチャー

2016.11.20(16:44) 2405

映画を見てきました トム・クルーズ主演の「ジャック・リーチャー」。
前作も確かに見たのですが 面白く拝見させていただいた記憶はあるのですが
内容を思い出すことが出来ません
今作も楽しく見させていただきましたが
おそらく記憶には残らないでしょう。
       ジャック・リーチャー
なんなんでしょうかね
私に集中力が無いのでしょうか
もう、何かに感動するということが無いのでしょうか
面白かったのですが 心には響かないというのがわかる作品でした
次は、そう「スターウォーズ」です。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

インフェルノ

2016.11.04(16:49) 2388

「悪魔と天使」「ダヴィンチコード」のダン・ブラウン原作の映画化です
ロン・ハワードとトム・ハンクスのコンビですね
本の方はとっくの昔に読んでおり、読後の感想はフィレンツェという土地の説明と
その地の食い物の紹介に終始しか印象がなく
「るるぶ」か内田康夫の小説を読んでいるような感想しか持っておりません。
       インフェルノ
では、映画はどうだったかというと 面白かったです
序盤は展開が早すぎてなんだかわからんかったが
(なんでラングトンの行く先々にWHOが待ち受けられていられるのか
ずっと理解ができなかった)
中盤からテンポもよく映画に入っていけました

バックスクリーン三連発


タイトル画像

ジェイソン・ボーン

2016.10.08(17:20) 2361

まさかマット・デイモンが再びジェイソンボーン シリーズを撮るとは
思わなかった。
とはいえ、再びポール・グリーングラスとのコンビで出してくれるのは嬉しいです。
当然、見に行きます。
いきなり冒頭でニッキーが出てきますが私は彼女に気がつかないほど
変わり果てています。こんなにアマゾネス感たっぷりのワイルド姉ちゃんだったか?
その前に学生のCIAエージェントアシスタントでハッキングできるような
スキルを持ち合わせていたのだろうか?
      ジェイソンボーン
アクションシーンは流行の手持ちカメラを多用するために
相変わらず私の目には何をしているのかはわかりません
ぐらぐら揺れるカメラに目が回るだけです
では面白かったのかというと 途中ウトウトしましたので
びみょー、というのが正直な感想でしょうか
話はこねくり回していないのでわかりやすかったです。

バックスクリーン三連発


映画
  1. 君の名は。(01/23)
  2. ローグ・ワン(12/18)
  3. ジャック・リーチャー(11/20)
  4. インフェルノ(11/04)
  5. ジェイソン・ボーン(10/08)
次のページ
次のページ