タイトル画像

日本立体地図

2018.05.22(11:59) 2973


東京大学の地理部が作った日本の立体地図を見に行った続きです。
あまりにもでかいので 東北から上が展示できていないそうです。
私、47都道府県すべてのところに行ったことがあるので
見ていて飽きないです
いつまでも見ていられますが
全部を書いても仕方がないので
日本立体地図
俺が生まれ育った大阪。
起伏がある方が見ていて面白いです
なので関東平野は真っ平なんで 
面白みのない土地です。
日本立体地図
今、私が週中にいる 甲府盆地
北杜市の北にそびえる連峰があるのを知ったんですが
あれは何なんだろうか 今度調べてみよう
日本立体地図
かつて私が住んでいた北陸の地
高岡にいたんですが よく国道8号を使って
金沢に行っていたんです。これで見ると
ものすごい狭い頃を縫うように海側へ抜けていたんやね。
日本立体地図
地理部以外では感心したのが模型部が展示した
このメルセデスベンツ。
地味ですがこの金属感あふれるワインレッドの塗装がすごい。
日本立体地図
学生もよく聞いてくれたとばかりに説明してくれたんですが
下地に銀色を吹いた後にクリアの赤を吹いているそうだ
むらなくクリアの赤を塗るのが難しいそうです。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

東京大学5月祭

2018.05.21(11:59) 2972

東京は本郷にある東京大学の有名な赤門です。
なんで東京大学にいるかというと
5月祭、学園祭に来ていて
東京大学学園祭
この20万分の1の立体日本地図を見たかったから
前にタモリ倶楽部で紹介されて存在は知っていたんだが
実物を見るまでここまで時間がかかってしまった。
これについてはまた後日。
東京大学学園祭
さすがに日本の最高学府、とんでもない人出だ
どこに行くにも行列を作られているので 並ぶのが嫌いな
私としては目的のものを見て さっさと帰りました。
東京大学学園祭
東大のシンボル安田講堂
全学連の闘争の舞台となったところで
生まれたころの話ですね 資料映像でしか知らなくて
放水を浴びているのをヘリからの映像が印象的で
めっちゃデカい建物と思っていたんですが
意外と小さい。
東京大学学園祭
そんなことより10年前に東京に来た頃に
ここに来たはずなんですが 私の記憶には全く残ってないのは
なんでか
勝手に構内に入っていった記憶があるんだけど
安田講堂の記憶が全くない
不思議だ。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

砧公園の桜

2018.04.04(11:59) 2923


小金井公園の桜に引き続き 東京の反対側になりますが
世田谷の砧公園にいどうしました
ここもネットで見つけたので桜を見に行ったんですが
ここもはずれでした
砧公園の桜
フインキとしてはこちらの広場にに三本の桜の大木を
あちらの広場に 同じく桜をと 一か所に見渡す限りの桜という
フインキではない
砧公園の桜
ボリュームという意味では不満ですね
多摩からわざわざ電車に乗って見に行くようなもんでもない
世田谷の近所の人が子供を連れて 桜を見ながら
ボール遊びをするようなところだとおもいます。
ちなみに桜の状態は日曜日で散り始めでした。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

隅田公園の桜

2018.03.27(11:59) 2916

週末の日曜日は隅田公園で花見だ
隅田公園の桜
ここは桜とスカイツリーが一緒に撮れるスポットということらしい
撮ってみたが特になんてことはないと思っているんですが どうでしょうか
            隅田公園の桜
ここは隅田川を挟んで桜並木が続くのですが
隣に浅草寺があるにもかかわらず外国人はここまでは来ないようです
休日ということで大挙して押し寄せているんじゃないかと心配したのですが
どうやら外国人は桜の花見はあまり興味はないようです。
隅田公園の桜
高速を挟んで隣にはそれこそ 隅田公園の本体があるのですが
私はここの方がゆっくりできましたね
平面に広がる桜がいい感じです。
量は少ないのですが視界いっぱいに広がる桜がおすすめです。
隅田公園の桜


バックスクリーン三連発


タイトル画像

今年、最初の花見となります

2018.03.25(11:59) 2914

昨日あたりから桜が咲き始めることになっている東京
それでも、どこも満開というわけではなく
場所を選んでいかないといけない状況です
実際に行ってみた感じとしてはもう満開に近いんじゃないだろうか。
飛鳥山公園の桜
ネットで見ると七分咲きになっていたのが
土曜日に行った飛鳥山公園の桜で
飛鳥山公園の桜
ここは江戸時代からの桜の名所だそうで
都内の花見スポットのわりに人出はそんなに 混雑はしていますが
イモ洗い状態ではないです 13時に到着しましたが まだシートを開ける
ところもありましたし、人にぶつかりながら歩かないといけないということも
ないです
飛鳥山公園の桜
しかもここは公園の桜なので 並木ではないんで
本来なら私の好みのところなんですが
迫力がない 感じられない
そう思うのはなんでなんだか 考えてみたんですが
やはりここは都会の花見スポットということで整備されてすぎているんで
人から桜の花までの距離が遠いんです。
そのためこちらに迫ってくるもんがない
そのあたりが 桜の木は多いのになんだか閑散とした印象を受ける理由です。
飛鳥山公園の桜
桜を見に来たということで久々に 花のアップを撮ってみた
このパナ Lumix結構いいんじゃない
ちゃんと周りがぼかしが入っているでしょ。
白い花弁もハレてなくて きちんとしわとかも消えずに映っているし
なかなかの優れものです。


バックスクリーン三連発


東京
  1. 日本立体地図(05/22)
  2. 東京大学5月祭(05/21)
  3. 砧公園の桜(04/04)
  4. 隅田公園の桜(03/27)
  5. 今年、最初の花見となります(03/25)
次のページ
次のページ