タイトル画像

東京サマーランド あじさい園

2016.06.21(12:04) 2258

今週もあじさいを見に東京サマーランドに行ってきた。
東京の人にはプール施設として一般的だと思われるのですが
知れべてみるとあじさい園を持っている事が判明
アパートから約1時間半かけて行ってきた。
 東京サマーランド あじさい園
サマーランドにははじめてきましたが屋内プールもあり現在もたくさんの
入場者があるようだ。駐車場には膨大な数の車が止められていたので
そんなにあじさい園は人気なのかと思ったのですが
その車を所有するお客さんのほとんどは屋内プールの方に向かいます
あじさい園はそこからシャトルバスで5分ほどの第二駐車場側にあります。
入場料600円を払って入場、山の斜面を利用してあじさいが植えられています。
メインは上の写真の通りアナベルという品種が3000株植えられているアナベルの丘。
ほぼ、頂上にあるのですがここまでの斜面は結構な傾斜でじいさんばあさん、そして
私もフー、フー、言いながら階段をそして斜面を登らないといけません。
 東京サマーランド あじさい園
と言っても20分くらいのんびり歩けばたどり着けます。
それにしても白いあじさいは私の目にはカリフラワーにしか見えないので
このアナベルの丘、私にはカリフラワー畑にしか見えなかった。
このアナベルの丘までの道中には様々な色と品種のあじさいが迎えてくれるのですが
密度が、量が少ない。薄い。
写真ではたっぷりのあじさいが写っているように見えるかもしれませんが
偶然にも、ものすごくいい感じに写ってしまっているだけです。
 東京サマーランド あじさい園
久々にデジカメのマクロ機能を使っての写真撮影。
いい感じに周りがぼけているようですが
望遠も効くレンズなのでまわりのボケているところが
歪んでいる感じがずっとする
ここがデジカメの限界なのか。
 東京サマーランド あじさい園


バックスクリーン三連発


タイトル画像

東京観光 その二

2016.06.14(11:57) 2253

ここのところやることなす事すべて裏目に出すぎますので
厄払いをしたいなと思っていたのですが
私は仏教徒ではなく神道、そこで「東京 神道 厄払い」で調べると
ここ阿佐ヶ谷にある神明神社がひっかかりました
 神明神社 阿佐ヶ谷
文京区のあじさい祭でブチギレて、その後、東京中をウロウロして
秋葉原まで到着した後に総武・中央線を乗って阿佐ヶ谷まで来ました。
 神明神社 阿佐ヶ谷
当然はじめてきましたがなんて美しい境内なんでしょうか
というのが第一印象です。この日は日差しは出ていましたが
風がありましたので涼しく、ベンチの上にすわっていると
そのまま昼寝したくなるほどです。
また来たくなる神社でした。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

東京観光

2016.06.13(11:59) 2252

白山神社の文京区あじさい祭のあまりのショボさにブチギレて
さっさと白山を後にしてしまったので大きく時間を持て余す事となりました。
どうしたもんかと考えて、以前からその存在を知っていたんですが
なかなか行くことが出来なかった聖ニコライ教会に行ってみた。
 聖ニコライ教会
最寄駅は御茶ノ水なのですがなかなかここで電車を降りることがなかったので
何かのついでに立ち寄るということはなかった
拝観料300円を払って中に入ると日本の教会には珍しく木造の造りではない
事に気がつく。さらに説明文を読んでみると、ここはどうやらロシア正教の
流れをくんでいるようです。
 聖ニコライ教会
内部の様子はヨーロッパの教会に見られるような華美なものではないですが
日本の教会としてはそこそこ豪華な装飾ではないでしょうか
正教の十字架はいわゆる私たちが知っているカトリックなどのクロスとは
違うそうです。罪状を示す板と足に釘を打ち込んだ板が追加された十字架で
八端十字というそうだ。上の写真がそうですね。
キリストの掲げる聖書らしきものに日本語が描かれているのも
まぁ、なかなか見ないですね。
 神田明神
そこから御茶ノ水駅の方に歩いていたら、神田明神まで400mの文字が目に入る
そこも存在自体は知っていたのですが近くて遠い場所として
行く機会が無かったからちょうどいい機会と足をのばしてみました。
 神田明神
私はここ神田明神を神社ととらえていたのですが中に入ってみると
どうやら江戸の総鎮守としてあるようです。
現代では都会の中に鎮座する神社として残念ながら美的には何も感じる事は
ありません。そこにあるものにそこに行ったことがあるという
満足感だけが満たされただけでした。
そして今度こそ御茶ノ水駅に戻ろうとしたところ今度は秋葉原500mの文字が
あるいて同じ距離なら秋葉原に行こうかとそこで思い出したのが
たしかハロプロショップが秋葉原にあったな、っと。
 ハロプロショップ東京
ビルの6階にあるためにものすごく見つけるのに苦労しましたが
会社から支給されているスマホのおかげで到着することができました
大阪に帰った時に初めてハロプロショップに行きましたが
ここ東京では客の数が多い。
そしてスペースが広い、大阪になかったコンサート衣装の展示がされている。
何でもかんでも東京の方が優遇されているんだなと考えさせられました。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

文京区あじさいまつり 白山神社

2016.06.12(11:59) 2251

アパートの前にあるあじさいが咲き始めたことからあじさいの季節が
来たことをしりました。そうなると今年はどこに行こうかネットで調べていると
文京区に白山神社というところを知り、そこにはあじさい祭があるとのことで
早速週末に行ってみた。
 文京区あじさいまつり 白山神社
結論から先にいいますが、がっかりさせられました。
感想といいますと神社の境内にある花壇に咲くあじさいです。
俺はこれを見に1時間かけて文京区まで来たのかと考えると悔しくなります。
 文京区あじさいまつり 白山神社
地下鉄の白山という駅を降りてすぐに神社はあり、この祭りの為に
駐車場を閉めて露店を出してたりして大変な賑わいです。
大変な賑わいで多くの人がいるのですが多くの人よりもあじさいの数が
少ないような気が、3000株とネットではありましたがほんとにそうなのか
疑いたくなりそうです。
 文京区あじさいまつり 白山神社
駐車場をぐるりと取り囲む花壇に咲くあじさい、まさかこれがあじさい祭の
メインではないだろうな、と思っていました
境内にもちょっと大きな御庭の花壇レベルのあじさいがさいているだけ
うそでしょ、うそでしょ?
 文京区あじさいまつり 白山神社
とりあえず順路に従って歩いてみますが神社の裏手、
児童公園側にもあじさいはあるのですがどこからどう見ても
公園の花壇に咲くあじさいにしか見れない
マジっか!と思っていたら公園入口に人の行列ができていたので寄ってみると
 文京区あじさいまつり 白山神社
そこにはショボイ、小高い山一面にさくあじさい山があり
その入り口からはアホほどの人の行列が
私は並ぶのが死ぬほど嫌いな上、そのショボイ、小高い山はこじんまりして
いるのでわざわざ登らなくても外からだいたい想像つくでしょ
ということでここ、文京区あじさい祭は15分で観覧終了。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

目黒川のさくら

2016.04.03(12:00) 2183

神宮で早実の試合を見終わった後に目黒まで移動し、花見をしてきました
東京都の桜の名所として上位にランクされる目黒川のさくら
今回、私は初めて訪れます。
 目黒川のさくら
都会の街路樹となるので整備されています。
最初、違和感を感じたのは何かと考えたのですが整備されているんです
つまり、車の走行の邪魔にならないように切られているんです
普通、桜が迫りくるくらい頭の上にもオーバーハングしてくるのですが
ここはその整備の為に桜との距離があってもう一つです。
 目黒川のさくら
おまけに歩道も通行止めにしないのでバンバン車が通るし
ちょっと、休むためのスペースもほとんどありません
なのでただひたすら歩き続けなければなりません
このあたりがガイドでは「そぞろ歩きを楽しめます」というところでしょうか
 目黒川のさくら
桜との距離が遠い、桜の密度が薄い、休むところがない
様々な理由からこの程度であれば府中の森の桜の方が十分楽しめます

バックスクリーン三連発


東京
  1. 東京サマーランド あじさい園(06/21)
  2. 東京観光 その二(06/14)
  3. 東京観光(06/13)
  4. 文京区あじさいまつり 白山神社(06/12)
  5. 目黒川のさくら(04/03)
次のページ
次のページ