FC2ブログ

タイトル画像

意外と名作 韓国ポテトチップ

2019.09.24(11:59) 3478

台風が来た週末は 毎日食いました
コンビニでなんだろうと思って買った
ポテトチップ、ハニーバーター味。
日本にはない味と試してみたのですが
これが 意外な名作でした。
日本にない味だけに はまります。
ハニーバター味
ポテトチップなのに甘ったるい味
食う前は ないわぁ と思っていたのですが いけます。
韓国の同僚によると 4年ほど前に流行したらしく
当時は生産も追いつかなかったとか

バックスクリーン三連発


タイトル画像

今回のホテル

2019.09.20(11:59) 3475

日韓関係が最悪の状況の中、渡韓しています
一人移動になるので 空港からホテルまではハイヤーを控え
バスで移動しました 
今のところ 髪を引っ張られることも殴られることもなく
過ごせております。
毎回、同じところに滞在していても 飽きてくるので
目先を変えて ホテルをいつものところより変えてみました
Daysホテル
Days Hotelというところになります。
いつもはRamadaホテルなんです。同じグループなのでポイントが
共有できるところがありがたいですね。
ラマダとの比較となるのですが
広さでいうと Ramadaの方が広いですね 感覚としては1.5倍ほど違う
感じがします。 TVですが ラマダは日本のBSチャンネルが4とNHK Worldが
入るのに対し、DaysはBS TBSとBS1、NHK Worldの3チャンネル
チャンネル数は少ないが画質はデジタル画質でしたね。
Daysホテル
浴室もDaysの方がこじんまりしてます。
ただ、蛇口がついているのでお湯をためやすくはあります。
室内照明が明るいので 本を読み私としてはありがたい
ただ、電気を落とすのに 一括ボタンがベットサイドではなく
対面のテレビサイドに埋め込まれているのが おしい。
寝たまま、ポチンと電気を落としたいので ちょっと残念なところね。
あとは電気のコネクターが少ないことですね
ラマダはスマートフォン用の電源ケーブルが2本出ているので
これが結構重宝する Daysも一般ホテル並みにコネクターはあるので
この点は比較という意味で ちょっと劣るね
ベットはDaysの方が硬めでこちらの方が好き。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

インスタ映えで人気だそうです

2019.02.27(11:59) 3266

益善洞韓屋通りというのがあります。
テレビでニコるんと平野ノラが旅番組でやっていたのを見たんですが
益善洞韓屋通り
昔の街並みに、カフェやインスタ映えするスポットを作ったところ
人が集まるようになったんだとか
益善洞韓屋通り
昔の街並みを利用しているだけに ものすごく狭い通路に
大量の観光客が詰めかけているため
尋常じゃなく込み合ってます。
益善洞韓屋通り
完全にキャパオーバー。
通りには 順番待ちのひとが見られるんですが
そこまでして入りたいのか?の疑問が。
益善洞韓屋通り
私は人混みが苦手なので
通り過ぎるだけで スルー。
滞在時間はほぼ5分。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

なるほど 韓国の尾道だ

2019.02.25(11:59) 3264

ソウルの北に北村というところがあり
昔ながらの街並みが残っています
行ってみると 以前にもここをきた記憶が
北村
坂道にならぶ昔ながらの家が続きます
言ってみれば 韓国の尾道か?ここは。
北村
尾道も私、3回ほど言っているが
この古い町並みってやつですが
何を感じていいのかわからない
滞在時間5分で 次に移動。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

昔の宮殿

2019.02.19(11:59) 3259

昔の宮殿で昌徳宮(チャンドックン)だったか?に行ってきた
ギョンボックンだったか こちらかがどうやら秀吉の侵攻で
消失してしまい 新たに建てられた宮殿だそうだ
昔の宮殿
そういういきさつがあるなら 反日感情とあいまって
日本人として大変居心地の悪い場所だが
観光客はさほどいない。
昔の宮殿
不思議なのが同じような宮殿がすぐ隣に隣接していること
それだけでなくギョンボックンも一駅隣にあり
故宮博物館の説明によれば ソウル市内にこれに類するものが
5つあるらしい。
日本人からすると 離れたところに作らないなら そのまま
使い続ければいいのに とは思います。
昔の宮殿
階級によって入れるばしょが決まっている。


バックスクリーン三連発


韓国
  1. 意外と名作 韓国ポテトチップ(09/24)
  2. 今回のホテル(09/20)
  3. インスタ映えで人気だそうです(02/27)
  4. なるほど 韓国の尾道だ(02/25)
  5. 昔の宮殿(02/19)
次のページ
次のページ