FC2ブログ

タイトル画像

BIGなニュースが入ってきた

2019.07.08(11:59) 3404

何気なく多摩川のホームページを見ていたら
↓の告知があらわれた
今年のSG開催に引き続き、来年はプレミアムG1である
レディースチャンピオンが開催されるニュースが。
前年に引き続き ビッグレースの開催です。
多摩川は女子王座を引きやすいレース場なのだそうで
僕が競艇を始めたころの節子が優勝した2011年以来となります
2年連続でビッグ開催とは幸せすぎる。
2020年レディースチャンピオン開催
そう思っていたら、7月にして来年のSG開催の日程が出ていたみたいで
見てみると なんと!2020年グランプリは平和島開催!
さらには私の全場制覇を後押しするように 残り2場である
宮島と下関にSG開催が
世間ではオリンピックで賑わう2020年かもしれないが
俺は俺で重要な一年になりそうだ。
2020年SG開催日程


バックスクリーン三連発


タイトル画像

祭りのあと

2019.06.28(11:59) 3394


去年の年末戦線の後も しばらくは放心した感じだったんですが
多摩川SGが終了した後も 同じようになんだか気が抜けた
ような感じです。もう少し余韻を楽しむ意味でも
一節を振り返りたいです。
多摩川グランドチャンピオン祭りの後
今節は初めてSGの初日、選手紹介式にも参加したことになるのか
さすがSGだけあって 水面の対岸に賭けられる横断幕も
いつもより多かったです。対岸の一面では収まりきらず
折り返して1M後ろにまで続いていたのは 初めて見る光景だった。
多摩川グランドチャンピオン祭りの後
さすがはSGで出走表もいつものA3版ではなく 大きな印刷もの。
しかも多色刷り。いつもと違うフインキが
これだけで伝わってきました。
多摩川グランドチャンピオン祭りの後
イベントも盛りだくさんで土曜日・準優の日はアイドルフェスインタマガワを開催。
僕はラストのイベントしか見なかったのですが(左の写真)
ナビゲーターのパーティーPOCKETビスケット、以前は5人だったのに
この日、目にしたのは舞台に3人。メジャーになり切れないアイドルの性だな
次々とメンバーが抜けていっているようだ。
そのことを考えるとバニラビーンズはよくも7年、変わることなくナビゲーターを
勤めあげたものだ。とにかくこのメンバー脱退劇はこのフェスの存続を
土台から揺るがしかねない事態かも。
右の写真は節間を通じてお笑い芸人のデンペー君が予想イベントを続けた模様。
薮内(女子選手)がトークショーに参加していた様子です。
多摩川グランドチャンピオン
パチスロライターのういちも予想イベントをしました。
私が見ている競艇予想バラエティー「江戸川ナイスゥ!」に同じく出演している
鈴虫君とオモダミンCが多摩川のYoutubeチャンネルでおなじく
予想をしていたそうなので 舞台に現れるかと期待していましたが
結局はういち一人で登壇したので そのことはがっかりでした。
右の写真は 多摩川のアンバサダーであるコスプレイヤー・えなこ。
トークショーをしていましたが コスプレイヤーのトークは面白くないのでケン。
表彰式に思い出したのだが この日、静波まつりの夏服披露の日だった。
出てきた彼女を見て、なんかテニスプレーヤーみたいと思ったのは
俺だけなんだろうか。
多摩川グランドチャンピオン祭りの後
初日にはテレビCMに起用されたブラマヨの二人がトークショーに登場。
吉田の方は体の具合が悪いんだろうかと思うくらい
顔色がわるかった。もう少し、日のあたるところに行った方がいいと思う。
今節は節間、トリガミが続きましたが優勝戦でブレイクバックしたので
大満足でした。
初めて見る地元水面でのSG、設備の規模では問題はなかったと思いますが
課題をあげると 売店の数がSGでは足りない、キッチンカーを出したのは
よかったが クレープなどの特異なものの販売だけでなく もっと一般的な
ものの販売コーナーがあってもよかったのでは
次に輸送ですね。僕は自転車なので大丈夫ですが
府中本町方面への無料シャトル前には長蛇の列が。
しかもバスの回転はいいとは言えず、平和島と比較してそのあたり
SG開催慣れしていないことが大きく露呈していたように感じられる。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

ありったけの声で叫ぶんだ

2019.06.24(11:59) 3393

6年分の思いをのせて2コーナー前で叫んでいました。
優勝戦の日曜日は今まで見たことのない客の数が
多摩川で見ることができました
いつもは閉鎖している観客席もあるので開放すれば
SGのひとつやふたつ、軽くこなせる収容量だと思っていたのですが
さすがSG、とんでもない数です
いつもより手狭に感じました。
多摩川SGグランドチャンピオン優勝戦
これでボーナス後のチャレンジ、高松宮記念杯競輪と
グランドチャンピオンシップが
終了したわけですが優勝戦の勝利で一気に5000円ほどのプラスに
V字回復。
叫び疲れましたが この勝利で救われました。
多摩川SGグランドチャンピオン優勝戦
6年待ち続けたSGでしたが あっという間に終わってしまいました
次に多摩川に来るのが10年後になるのかわかりませんが
また、楽しみが増えました。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

インタビューを聞いてきました。

2019.06.23(14:59) 3390

朝一で優勝戦のインタビューを聞いてきました
今はアパートに戻ってきているのだが
地元だからね 自転車で人漕ぎ
行くのも帰ってくるのも 思いのままですよ
多摩川SGグランドチャンピオン優勝戦
気になる進入争いですが
キーとなる4号艇木下(大阪)は「自分の枠より外に行くことはない」と
枠主張と同時に外枠にいる先輩たちをけん制。
多摩川SGグランドチャンピオン優勝戦
返す5枠坪井(静岡)は「普通に行きたいとおもいます」とのこと
それに対して大外、徳増(静岡)は「普通に獲りに行きたいとおもいます」の
一言に会場歓声があがる。
多摩川SGグランドチャンピオン優勝戦
後に続けて「獲りにいっても入れてもらえるかは 相手次第」とも
言っていました。
以上から僕の進入予想は枠なりです。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

いよいよ最終日

2019.06.23(11:18) 3389

多摩川SGですからね
予想も、ものすごく丁寧にしました
6号艇の徳増が動かないようなので進入は3対3の枠なりを
基本に予想することにします。
艇国データバンクとレジャチャンアプリ、新概念データを駆使して
絞りだしております。
では1号艇からデータです。コース別の勝率/2連対率で表示します
①10.40/87.5%、②7.70/52%、③6.60/45%、④7.30/28.9%、⑤6.10/31.5%、⑥4.80/13.3%
これらの数字からするともう①-②で決まりなんですよ
多摩川SGグランドチャンピオン優勝戦
ただ、ここから私のモーターの評価からすると
機力上位は④木下、③萩原、⑥徳増で内二艇はどうなのかなという感じ
メンバーでNo,1は木下の上にスタートゼロ台連発、キレッキレなんですが
一つ内側にいる萩原もついで機力上位ということで
カド受けは十分、そこから導き出されるのは④木下の自力頭はない
そうなると内二艇の機力が低い上にスタートにもばらつきが出ているということで
今節、イン逃げ祭りの様相を呈しておりますが
ここでは機力上位の萩原が内にいる太田が少しスタートを凹んだ際にできる
柳沢との隙間にまくり差しが入る③-①-全を本線に
差さりきらなかった場合の①-③-全の折り返しも同じく中心視。
保険に萩原がまくりに行ってしまってブロックした柳沢と絡んだ間隙を突く
④木下あたまで④-①③-全も押さえて 3連単で勝負。


バックスクリーン三連発


競艇
  1. BIGなニュースが入ってきた(07/08)
  2. 祭りのあと(06/28)
  3. ありったけの声で叫ぶんだ(06/24)
  4. インタビューを聞いてきました。(06/23)
  5. いよいよ最終日(06/23)
次のページ
次のページ