タイトル画像

若松SGオーシャンカップ予想

2018.07.16(11:59) 3032

準優戦は1号艇がすべて敗退する波乱の準優でした。
がっかりだったのが3日目まで節一とみていた魚谷(兵庫)が
調整を失敗したのか4日目以降全く噴かなくなったこと。
他に印象に残ったのが群馬と大阪でそれぞれワンツーを
決めたことですかね。
では、優勝戦の予想です。
若松SGオーシャンカップ 予想
今年は銀河系(85期)復活の年になるんでしょうか
オールスターでは井口(三重)が優勝を決め、この決勝では
1号艇に丸岡(大阪)が座り、もう一人、3号艇に田村(徳島)ときました。
その田村は評判のエース機16号を駆っていますが
一号艇をとらえるまではいかないと考えます
となると好枠を引き寄せた丸岡に逃げてもらうのが筋か
3連単で①⇒②③⇒全で本線は①⇒②③⇒②③
松戸GⅡサマーナイトフェスティバル予想
続いて松戸GⅡサマーナイトフェスティバル決勝予想
準決勝で三谷(奈良)が敗退したのは
古性とのラインを期待していただけに残念だった。
その決勝戦、3車送り出した中部のラインは厚いか
深谷(愛知)と浅井(三重)が中心 相手は単騎で自由に動ける古性、
ベタだけど渡邊、平原は勝負勘が鈍っているのか仕掛けが遅く
感じられるので一枚印を落とします。

バックスクリーン三連発


タイトル画像

ビックなお知らせが

2018.07.11(11:59) 3027


2019年度のSG開催日程が発表されました
ついに多摩川がSG開催を引き寄せました
地元水面でのビッグ開催、始まりまで1年先ですが
今からでも 楽しみです。
ついにこの時が来ました
毎年、毎年、この日程発表では
今年も多摩川はSGを引き当てなかったと
この場でお知らせし続けていたと思うのですが
ついに大願成就です
来年一年はこの開催を楽しみに頑張れそうです。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

徳山競艇場を紹介します

2018.06.27(11:59) 3012

白井英治が勝ったSGグランドチャンピオンを観戦しに徳山競艇場へ
行ったことで、24ある競艇場中22競艇場を訪問したことになり
残りは下関と宮島のふたつとなりました。
それで、初めて行った徳山競艇場の印象ですが
徳山競艇場を紹介します
漁港の中に競艇場があるっていうフインキですんかね
対岸に大型ビジョンがないことがその印象を加速させるのかもしれません。
行ってみて初めて分かることが多々あるんですが 意外と狭い。
イン強水面でネットで見る印象では だだっ広いのかなと感じていたんですが
行ってみた感想は狭く感じた。
いつもはあるバックストレートのビジョンがないので 1Mでの攻防は
さっぱりわからなくて 回って舟が立ち上がっても 一号艇が残っているのか
差しが入ったのがさっぱりわからなかった。
徳山競艇場を紹介します
スタンドは中央スタンドが改修されて新しくなったそうです
最近のトレンドを反映させて、維持管理しやすいようにスモール化されています。
三つのスタンドから構成されていてそれぞれのスタンドがスロープで
接続されています。増築増築を繰り返したんだと思いますが
それが雑然とわかりにくくなっているのではなく よく考えられて
まとまっています そして そのスロープも観戦席としての様相も呈していて
マツダスタジアムがこんな感じだったかと 似た印象があります。
徳山競艇場を紹介します
残念なのは飲食店が弱い。
この日はSGなので大量の屋台が出ましたが 普段は食いもん系で
売りとなるものがないのがちょっと、寂しいかもと思いました。
それでも22行った競艇場の中で好きな方の競艇場です。
徳山競艇場を紹介します
その外の屋台村で売っていたおにぎり、珍しかったので買ってみて
フグ感はそんなに感じられなかったが サラダ巻き食っているみたいで
うまかったです。
徳山競艇場を紹介します
大阪のイカ焼きのワゴンカーで売られていた
ブタ焼きだそうです。いかの代わりにブタが入っているのですが
こんなものを見るのは私は初めてだ
食った印象はこれはうまい。記事が独特のいい意味での甘さがあって
病みつきになる。


バックスクリーン三連発


タイトル画像

もらい泣きしかけた

2018.06.25(11:59) 3010

いやぁ、優勝戦出場選手によるインタビューで白井のコメントを
聞いて、1号艇から買わないわけにはいかんよ
長州もんは熱いわなぁ。
徳山SGグランドチャンピオン優勝戦観戦記
優勝戦を振り返りますが、3R発売中に白井と寺田の山口コンビで脚合わせを
敢行しているのを見た感じでは 抜け出していく感じはしないが寺田の方が
白井より余裕がありそうと感じていました。
異変を感じ取ったのはスタート展示でその寺田がターンで滑っている、
サイドがかかっていないと僕は感じました。①の相手は④とみていたので
ここで大きく方向転換です。②茅原からオーソドックスに行きました。
徳山SGグランドチャンピオン優勝戦観戦記
優勝したのは予想通り①白井英治だったんですが
レスキュー艇に乗っての優勝パレードでは最初から涙を拭きながらの
白井が登場し、俺も40を超えて、涙腺が弱くなっているけど
ここでは我慢ができたんだ。しかし、
徳山SGグランドチャンピオン優勝戦観戦記
表彰式でサプライズとして山口支部の他の二人が登場し
白井の師匠で支部の総大将、今村さんが言葉を詰まらせながら
優勝した英治を讃え、シリーズを引っ張った寺田も忘れないで下さいと
言ったときには涙腺が崩壊しかけました。
徳山SGグランドチャンピオン優勝戦観戦記
いやぁ、山口は熱いぜ。
浪速の人なんだけど、この時だけは長州もんになりました。
とにかく水面で叫び続け、優勝パレードでも叫び
表彰式でも白井の名前を連呼しました
そのおかけで喉は痛い、手もたたきすぎでひじから痛い。
徳山SGグランドチャンピオン優勝戦観戦記
最後に優勝戦出場者によるインタビューでの寺田祥。
後援会から自身の応援のぼりを持たされてのインタビュー。
選手も熱いがファンも熱心だ。うらやましい 
東京もこんな地元意識があればいいのに

バックスクリーン三連発


タイトル画像

徳山SGグランドチャンピオン 優勝戦予想

2018.06.24(11:59) 3009

下関にいます。朝から移動で徳山に乗り込みます。
優勝戦予想の前に準優を振り返ります
驚きは茅原の差しが入ったことですね インの寺田はスタートも
踏み込んでいますし、ターンも失敗していない なのに茅原に差されたのは
もうすべて茅原の異次元のターンがあったんだろう。
では予想の方から行きます。
徳山SG優勝戦予想
準優を見る限り モーターが出ているのは桐生とテラショー。
しかし イン強水面の徳山の上、一号艇が地元の白鮫(ホワイトシャーク)
白井英治となれば これは①から行くしかないでしょう
3連単で①-②③④-②③④で 本線は低配当覚悟で
①-③④-③④。


バックスクリーン三連発


競艇
  1. 若松SGオーシャンカップ予想(07/16)
  2. ビックなお知らせが(07/11)
  3. 徳山競艇場を紹介します(06/27)
  4. もらい泣きしかけた(06/25)
  5. 徳山SGグランドチャンピオン 優勝戦予想(06/24)
次のページ
次のページ